ホーム

早稲田アカデミー「キッズチャレンジテスト」自宅受験に小1息子が挑戦!

f:id:denshaouji:20200623093053j:plain

先週末、早稲田アカデミー主催の小1~2対象の無料全国模試

「キッズチャレンジテスト」を自宅受験しました。

 

キッズチャレンジテストは

早稲田アカデミーに通塾していない子どもも受験することができる

全国規模の実力模試テストで、今年から自宅オンライン受験に切り替わりました。

 

無料かつ自宅で受験できるので、気軽にチャレンジしやすくなりましたね^^ 

www.waseda-ac.co.jp

 

公式HPより申し込み後、

テストの問題用紙(国語・算数)、解答用紙のほか、

解きなおし問題、演習問題集も郵送で送られてきて、かなり手厚いです★

 

制限時間は各20分、小1王子も部屋に1人でこもって、

会場テストさながらの雰囲気でチャレンジしました。

 

解答用紙は教室へ直接提出も可能ですが、

今回は専用アプリで提出、成績帳票は6月29日以降に閲覧可能ということなので、

 

先に自己採点したら、「春のチャレンジテスト」よりは出来たけど、

それぞれマイナス20点くらいはなっているかな~と予想します; 

www.denshaouji.link

 

国語ではやっぱりつまづきました、慣用句。

f:id:denshaouji:20200623093107j:plain

ドラえもん学習漫画を読んでいたのですが、それでもまだ完璧ではなかったので、 

www.denshaouji.link

「慣用句の部分を選択肢の中の言葉に1つ1つ置き換えて、読んでみて

 一番しっくりくる言葉を選ぶと良いよ」と、テスト後にアドバイスしたのですが

 

「しあいにまけて、、、『こまる』よね?!」と、

なかなか『かたをおとす』=『がっかりする』に結びつかないようで、

これもそんな状況をこれから経験していけば、しっくり来てくれますかねぇ?(^^;

 

算数は今回、図形はばっちり。

f:id:denshaouji:20200623093131j:plain

ですが一番難しかったのが、コレ!

f:id:denshaouji:20200623093118j:plain

「おなじ目がぴったりくっつくように」とは、

見えない側面に何の目がくるかを予想して考えねばならないのですが、

 

向かい合う目同士を足すと「7」になる法則を知ったうえで、

1つずつ推理していかねばならないので、時間がかかるし大人でも難しい!

 

さすが早稲アカ、一筋縄では行きませんね(苦笑)。

次回は四谷大塚のテストを受験予定です(*^▽^*)