【保育園年長】転園5日目の運動会 ~ 何もできなかったけど『秘密のお守り』に感動しました

f:id:denshaouji:20191005170732j:plain

10月から新しい保育園に転園しました。

8月末に前保育園を退園して、1か月ほど祖父母に預け、

引越し・転職に追われた怒涛の9月を過ごし、待ちに待った保育園です!! 

www.denshaouji.link 

www.denshaouji.link

入園前の見学当初から、

「10月第一週に運動会があるから、良かったらぜひ」と先生から言われていて、

まさか運動会に出られるとは思ってもいなかったので、喜びもひとしおでした。

ところが・・・。

緊張で立ち尽くしていた準備体操

始まりの言葉の次は、保育園オリジナルの準備体操。

先生がみんなの前で一緒に踊ってお手本を見せて体操するのかと思いきや、

まさかの年長さんが最前列で踊り始めたのです(先生は最後列(苦笑))。

 

そんなわけで王子はお手本もない最前列で何もできず、

ずっと下を向いて立ち尽くしてしまったのです(T_T)

 

そりゃそうだよね、オリジナル体操はもちろん、まだ転園して5日目なので

隣のお友達の名前もうろ覚えな状態ですし、

ここで心がすっかり折れてしまったようです;

  

結局出たのは親子競技だけ

「リレーとサーキット(跳び箱・鉄棒)だったら前もやっていたから出られる」と

王子は言っていたのですが、最初の準備運動ですっかり心が折れてしまって

結局すべての競技を園長先生と観覧。

 

せっかく母も応援に来てくれたのですが、

気持ちを切り替えれば出来るかけっこさえ出ない王子に内心イライラ・・・

 

でも前からいた年長さんでも、

本番で出たくなくなって控えにいた男の子もいたので、幼児はまだ仕方ないのかも;

 

結局、最後の親子競技でパパと一緒に身体を動かしたら、やっと笑顔が見られて

そのあとのクラス写真、メダル貰った後は、いつもの王子に戻っていました(*‘∀‘)

 

先生からの秘密のお守り

やっぱり右も左もわからない、転園5日目の運動会はツラそうでした。

 

でも担任の男の先生がとてもやさしくて、

運動会の中心指導役を担っていながら、常に王子のことを気にかけてくれて

年少さんのかけっこの時に、タッチするだけの年長さん役を王子にやらせてくれたり、

移動するたびに手を握って話しかけていて、王子は嬉しそうに飛びついていました。

 

また、前日に先生から

「誰もいないときにね、こっそり『明日がんばってね』って秘密のお守りをくれたの」

と、キラキラ折り紙の音符をポケットに忍ばせていたんです!

f:id:denshaouji:20191005173604j:plain f:id:denshaouji:20191005173613j:plain

明るくて優しくて面白くて、保育園でも大人気だという先生が、

王子の担任になってくれて本当に幸運だと思いました。 

www.denshaouji.link

悪いこともあればいいこともありますね。

  

クラスメイトもママさんたちも素朴な印象で温かく話しかけてくれて、

以前の東京の園の独特な雰囲気とはまるで違いました。

 

また、ラッキーなことにゆる~い運動会だったので、

お遊戯会を見ている雰囲気で、ほのぼの平和なのも我が家向きでした。

(以前はお揃いTシャツを買って、園も保護者も子供も気合入りまくりで

 泣きあり、怒りありで、まさに「戦闘」モードでした)

 

何より運動会のキャッチコピーが

「みんなちがって、みんないい!」

すごく素敵だなと思いました。どうか楽しい日々になりますように。