電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年中)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

息子の趣味はママの趣味?! メガダンゴムシに対する反応の違いに、完全に息子目線になっている自分がいた(笑)

男の子を持つまで、男児の世界がまったく想像つきませんでした。

 

娘だったら、自分がたどってきた女子の世界を再度通るようなものなので、

一緒に懐かしがったり、 進化した現代版にへぇ~っと思いながらも

「わかるわかる」と、娘の趣味をそっと見守るという感覚だと思いますが、

(周囲の女児ママ友はそんな感じであっさりです)

 

息子だと、元女の子のママにとってはすべてが未知の世界!!

息子がいたからこそ知れた世界は、ママにはたまらなく新鮮で刺激的だし、

あれもこれも目移りしちゃう女児と違って、

男児は好きなものに一途に没頭する生き物なので、

 

息子のご執心っぷりに付き合ううちに、どっぷり自分もハマッてしまう・・・

そんな経験、男の子ママはありますよね ( *´艸`)

スポンサーリンク
 

そんなわけで先日、職場で起こった出来事。 

今流行りのカプセルトイ『だんごむし』に興味を示した男性同僚が

新たに、メタリックだんごむし3個セットを仕入れて来まして、

これがまた宝石のようにピカピカで美しいながらも、忠実な再現でかなりリアル!!

 

他の男性陣にも大ウケで、私も初めて見たので「すごい!」と大爆笑!

あまりに場が盛り上がっていたので、女性同僚B子さんも見に来たのですが、

虫嫌いの彼女は言葉を失い「・・・」。

 

「王子ママさんがすごい楽しそうだったから見に来たのに、

 なんでダンゴムシでそんなに盛り上がれるの??」と不思議そうに聞かれ。

 

ん~、なんでだろう? そういえば私も基本的に虫は嫌いだけど・・・と考えたら、

自然と自分が「息子目線」になっていたんですよね。

 

「これ王子が好きそう!」と思うと、わくわくせずにはいられないと言いましょうか。

独身のB子さんには、このママ的な心情がさっぱり理解できないようでした(^^;

 

女児ママも「娘目線でも自分は盛り上がらない」とのことでしたが、

男児ママ友にこの話をすると、

「すっごいわかる!なんか自分も興奮しちゃう!」と言っていました(笑)。

スポンサーリンク
  思い返せば、
今まで「電車=移動手段」以上でも以下でもなかった自分が今や、
電車という単語に異常に反応して
コラボ車両や新型車両に大興奮するまでになるとは夢にも思わなかったし(笑)、
 
工事現場の車両や、空港で働く車両の名前も知り、
レゴやラキューなどブロックの面白さを知ったのも、王子のおかげ^^
 
男児がハマル世界は奥行きがあって、
現実社会に結び付くものも多いので、大人も勉強になるんですよね。
 
自分はひたすら「お人形さん遊びの世界」だったのでめちゃ狭かったなぁ~と(笑)。
 
世界を広げてくれた王子に感謝ですね(●^o^●)