電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年中)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

【静岡/浜松】「新幹線なるほど発見デー2018」浜松工場 日帰りツアーに父子で行ってきました

三連休の中日、9月16日(日)に、JR浜松工場で開催された

「新幹線なるほど発見デー」に父子で行ってきました。

詳しく聞き出しましたので、来年の参考になればと思います。

スポンサーリンク

工場直通のツアー参加がベスト!

東京から子連れで行く場合、旅行会社主催のツアーに参加するのがベストです。

浜松駅からは無料シャトルがありますが、待ち時間がかなり長いうえ、

土地勘もないなか子連れで右往左往するのは、到着前から親子ともに消耗します。

 

今回、父子が利用したのは、阪急交通社の日帰りツアー。

東京駅→品川駅→新横浜駅を出ると、浜松駅で一旦停車。

そこからスイッチバックして浜松工場まで新幹線で直行してくれるので

すごく楽ちんです!

 

↓  ↓  ↓ 新幹線丸ごと1本「団体」専用になっていて満員御礼!すごい人気ですね!

f:id:denshaouji:20180919094329j:plain

大人14800円(弁当付き)・子供8600円(席あり、弁当なし)でした。

幼児は膝の上でも可能ですが、他のお客もほとんど席を買っていたそうです。

長旅だから、お金を払ってもゆっくりしたいですものね。

 

そして、お弁当は本来昼食用ですが、早朝発だったので、

皆さん行きの車内で朝ごはんとして食べてしまったようですww

 

ツアーなので車内では添乗員さんが廻ってきて、特製パネルで記念撮影をしたり、

新幹線クイズの冊子やMAPなどをいただき、道中も楽しく過ごせたもようです。 

f:id:denshaouji:20180919100330j:plain

広すぎる敷地に、混み過ぎる人・人・人!

イベントの目玉は、

初公開となる新型車両「N700S確認試験車」とドクターイエロー車内見学!

 

到着するやいなや、すぐにダッシュして整理券を貰いに行きますが

とにかく人出が多いので、1種類の整理券を貰うので精一杯だそうで、

父子は、「N700Aの運転台見学」午前の部12:15~の回をGET!

 

順番が回ってくるまで、他を見て過ごしますが、

ドクターイエローの正面記念撮影は90分待ち!のため割愛。

f:id:denshaouji:20180919101149j:plain

「N700S確認試験車」も車体のロゴのみ記念撮影して、

食堂で昼食休憩後、「N700Aの運転台見学」となりました。

f:id:denshaouji:20180919101557j:plain

帽子をかぶって、本物の運転台に乗れるだけでも貴重!

持ち時間は1人1分で、時間もきっちり計られるので慌ただしかったようです^^;

 

その後は、プレイランドへ。

12~15人ずつ×30分入れ替え制で、自由にプラレールで遊べます。

どこでもできますが、10分待ち程度ですぐに入れたので(笑)。f:id:denshaouji:20180919101740j:plain

プラレールで遊んだら、もう13時半頃。

とても暑い日だったので、自動販売機のドリンクも食堂のアイスも売り切れで、

唯一購入できたのが、自動販売機のヨーグルトのみ!

 

水分補給するにも飲み物が完売なので、

水筒とペットボトルを持参していて良かったと言っていました。

 

14時半頃、ミニ新幹線(ドクターイエロー・N700A)も90分待ちで

他にすぐに参加できそうなイベントがなかったので、

王子もお疲れモードになり、休憩車両でお昼寝をしていたとのこと。

(乗ってきた車両をそのまま休憩スペースに開放しているとのこと)

 

帰りも浜松駅行きの無料シャトルは90分待ち、タクシーは3時間待ちだったので

浜松工場から直行で都内に帰れる新幹線プランで大正解だったようです。

 

まとめ

今までは7月土日の2日間開催だったようですが、

今年は9月の1日間のみだったので、人出が集中し過ぎて凄まじい混雑でした。

 

パンフレットもなくなってしまい、途中からは「スマホで撮影して、それを見ながら

廻ってください」とアナウンスがあったり、あまりの暑さで昼過ぎには飲み物もアイスも完売状態。考えられない混雑ぶりですね。

 

ということで、へとへとに疲れ果てた主人からの教えです(笑)。

◆都内から行くなら絶対工場直通のツアーに参加しましょう。

◆暑さ対策を万全に!氷を詰めた水筒、ペットボトルを持参しておきましょう。

◆当日整理券のものは1つに絞って、ダッシュでGETしましょう。

◆休憩場所が少ないので、レジャーシート持参がBETTER。

 

王子は「来年も行く!」と言っていますが、親は相当の覚悟が必要ですね(^^;