5歳になっても野菜食べない、肉食べない、うちの子のごはんの工夫とお助け食材

離乳食の頃はなんでもモリモリ食べていた王子ですが、

物心ついたときには好き嫌いが出るようになりました(涙)。 

f:id:denshaouji:20181128105506g:plain

お友達の家に行っても、

お友達は焼きそばもお好み焼きもペロリと完食するのに、

王子にいたっては、お好み焼きは食べるところがなく、

焼きそばはウインナーだけしか食べず。。。

 

野菜も肉も食べず、大好きなのは白いごはん、卵、乳製品!

見事に白いモノばっかりです(苦笑)。

 

育ち盛りなので栄養が心配・・・だけど、無理強いはさせたくない。

今回は我が家なりの工夫をご紹介します。

スポンサーリンク

 

一番の嫌いな理由は「食感」

食材の嫌いな理由は人それぞれですが、王子は「食感」が苦手なようです。

 

繊維の多い野菜や、筋の多い肉など噛み切れないらしく、

いつまでもモグモグモグモグしていて、

最終的には「もう、飲み込めない」といってギブアップ ⤵⤵⤵

 

噛む力が弱いと言えばそれまでですが、

未就学児のうちは「食べること=苦しいこと」にしたくないので、

野菜をよく茹でて柔らかくしたり、細かくみじん切りにしたり

スムーズに食べられる工夫をしています。

 

野菜を好きなものに混ぜる

王子は白いご飯はそのまま食べたいので、大好きな白飯には混ぜません。

 

卵焼きに野菜のみじん切りを入れたり、卵炒めにしたり、

クリームシチューに入れたり、納豆に刻んで入れたり・・・

 

ちなみに、

すりおろすのは面倒だし、騙しているような気がするのでしていません(笑)。 

スポンサーリンク

野菜代わりのお助け食材

繊維の多い野菜の代わりによく使うのがこちら。

・小葱

・乾燥ワカメ

・青海苔

・青汁粉末

 

これらは食感も控えめで、何にでも合わせやすいし、常備しておくと便利!

 

特に最近、「悪魔のおにぎり|ローソン」が流行してから、

王子の朝ごはんの定番になったのがこちら!

f:id:denshaouji:20181205081423j:plain

青海苔、しらす(または鰹節)、天かすを、

少量のめんつゆで味付けした「悪魔のおにぎり風ごはん」!

 

朝から「おかわり~!」とモリモリ食べてくれます。

これで我が家の青海苔消費量がグーンとアップしました(笑)。

 

また、青汁は牛乳やヨーグルト、ケーキやクッキーなどに混ぜて重宝します。

ケール由来は苦みが強いので、大麦若葉がオススメです^^

 

我が家愛用中の商品はこちら → 山本漢方 大麦若葉粉末100% 88包

 

肉代わりのお助け食材

噛みきれない豚肉や牛肉の代わりによく使うのがこちら。

・魚肉ソーセージ

・はんぺん、ちくわ、さつまあげ

・しらす

・豆腐、きなこ

・かつおぶし

 

ソーセージもパリッとした大人向きのものは噛みきれないので一口サイズに切るか、

柔らかい魚肉ソーセージが定番です。

 

きなこはヨーグルトや豆腐にかけたり、お菓子作りにも使えるし、

かつおぶしも栄養価が高く、頼れるトッピング食材です。

 

我が家愛用中の商品はこちら → マルトモ・プレ節(R)ミクロンソフト削り20g×10袋

 

無理強いはしない

保育園ではそれなりに食べているようですが、

うちの園はそのへん厳しいので、よくご指摘をいただきます(苦笑)。

 

・・・が、大人だって好き嫌いはあるし、

生死にかかわるわけではなければ

 

嫌いな原因を探って、調理の工夫をする

嫌いな食材の代わりとなる、代替食品を見つければよいわけで。

 

成長につれて食の許容範囲も広がってくるものなので、

「食べさせねば」という固定観念に捕らわれず、楽しい食卓を心掛けましょう(*^▽^*)