入館無料【日本橋/貨幣博物館】見学で、子どもと一緒にお金の勉強 <アクセス・見どころ・お土産>

あいかわらず「お金」に興味津々の5歳年長王子。

東京・日本橋に『お金の博物館』があると知って、早速お出かけしてみました。

www.imes.boj.or.jp

日本銀行金融研究所貨幣博物館とは?

古代から現代までのさまざまなお金や、お金に関する資料などを展示。

お金の歴史や役割、お金と文化・社会との関りを学べる博物館です。

 

貴重な展示が盛りだくさんで入館無料!

親子で訪れるお客さんも多く、夏休みの自由研究にもオススメです。

 

【アクセス】日本橋三越本店のすぐ近く!

JR東京駅日本橋口から徒歩8分、

地下鉄(半蔵門線・銀座線)三越前駅から徒歩1~2分、

日本橋三越本店の裏手、日本銀行本店の向かいにあります。

f:id:denshaouji:20190618082012j:plain

こじんまりとした入口なので若干わかりにくいのですが、

入口に立っている警備員さんが目印です(笑)。

 

【入館受付】手荷物検査あり

1F入館時に、

代表者氏名、グループ種別(家族)、どこから来たか(都道府県名)を記入、

X線検査装置および金属探知機による手荷物検査を通って、

2Fの常設展示フロアへ階段であがります。

 

お金の博物館なだけに、セキュリティが徹底していますね。

ハサミなど刃物は持ち込み禁止なのでご注意ください。

 

【見どころ】体験展示も充実

常設展示は撮影禁止なので、文章のみの説明になりますが、

黄金の分銅、歴代の大判・小判、日本銀行券が勢ぞろいして圧巻です!

 

「1000両の小箱を持ってみよう!」(=めちゃくちゃ重い)とか、

実際の大判を触ってみたり、

偽造防止の特殊技術を確かめてみたり、

お金に関するタッチパネル式のクイズもあったりで、

子どもから大人まで楽しく学ぶことができます。

 

(公式HPより)

f:id:denshaouji:20190617120241j:plain f:id:denshaouji:20190617120244j:plain

じっくり見て遊んで、所要時間は1時間ほど。

 

内容自体は予備知識があったほうが断然楽しめますので、

お子さんと「お金の絵本」を読んでから行かれることをオススメします(*^▽^*)

www.denshaouji.link

  

【お土産】お金グッズはマストバイ!

また、2F階段を上がってすぐの場所に、唯一の記念撮影スポットがあります。

f:id:denshaouji:20190618082051j:plain

 

記念スタンプコーナーも種類豊富で、子供たちに大人気!

f:id:denshaouji:20190618082105j:plain

 

1億円の重みを感じられる貴重な体験も! 

f:id:denshaouji:20190618082206j:plain

 

売店では、お金モチーフの小物やお菓子を販売しています。 

f:id:denshaouji:20190618082120j:plain

「お札タオル」や「お札入りボールペン」、

「コインチョコ」や「硬貨まんじゅう」など

思わず、東MAXを思い出させるようなラインナップ(笑)で盛り上がります!

 

お土産に「お札クッキー」を購入しました。 

f:id:denshaouji:20190618082134j:plain

1000円(野口英世さん)×2枚、

5000円(樋口一葉さん)×2枚、

10000円(福沢諭吉さん)×2枚・・・計6枚入りで430円です。

f:id:denshaouji:20190618082149j:plain

パリッと硬めの洋風せんべいで、とっても美味しかったです(*^▽^*)

お土産に貰ったら大絶賛間違いなし!ですw

 

お札タオルで顔を拭いたら、諭吉さんと目が合っちゃう?!

 

ザクザク金貨でお金持ち気分?!

 

お札を食べちゃうなんて勇気がいります(笑)

 

王子の将来の夢に変化が?!

3歳からず~~っと、

将来の夢は「電車の運転士」一直線だった王子ですが、

 

なんと!貨幣博物館を見学後には、

「電車の運転士か、銀行の人になりたい」と将来の夢が増えました★

 

興味があって選択肢が増えるのは、とても喜ばしいことですね。

帰宅後はもらったパンフレットから、

お札や硬貨の写真を切り抜いてお店屋さんごっこをしました。

 

まだまだ「お金」ブーム、続きそうです(●^o^●) 

www.denshaouji.link 

www.denshaouji.link