来月から5歳、再来年はもう小学生・・・と考えていくと

気になってくるのが 「おこづかい」¥

f:id:denshaouji:20181004143502p:plain

周囲では「定額制」か「発生ベース」が多く、

なぜそうしたのかを問うと「なんとなく」「自分もそうだったから」という意見。

 

ちなみに私は定額制でした。

私は計画的に貯めつつ適度に使う堅実タイプだったけど、

兄はあればあるだけ散在し、借金こそしないけど貯金はできないタイプ。

 

性格的な違いもあるけれど、我が家ではお金に関する話題はタブーでした。

「子供は知らなくてよい」

でもそれが災いして社会人になったときに、堅実な私も苦労しました(泣)。 

f:id:denshaouji:20181004150221j:plain

実は、世界的にも圧倒的にマネー教育に出遅れている日本。

今や、お金の話題は「子供も知るべき」時代となってきました。

電子マネーの発達などにより、お金の姿が見えなくなりつつある昨今は、

子供の金銭教育の重要性は以前にも増して高まっているそうです。

 

そこで、家庭でも簡単に出来るマネー教育として「おこづかい」を考えてみます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

目から鱗の「おこづかいプログラム」

おこづかい制度は最初が肝心!と、

やるからには親も納得がいく導入方法にしたいなぁと考えていて、

おこづかい関連の本をむさぼり読む中で一番参考になったのがこちら  ↓  ↓  ↓

子どもにおこづかいをあげよう! 

 

 お金の大切さ、働くことの意味を子供に伝える「おこづかいプログラム」の本です。

 

子供が家のお仕事をする対価として、親がおこづかいを支払い、

少額からスタートして、年齢に応じて少しづつ裁量を増やし、

ゆくゆくは将来の家計管理や金銭管理もラクラクできる大人に育てるのが目標です。

 
お仕事をしてお金を貰う喜びを味わえる「キッザニア」と同じコトを

家庭で行おうということです。 この考え方は目から鱗でした!!