男の子はママを好きすぎる!幼児期に受けた息子からの愛で一生生きていけるママのキュン話4選(笑) 

王子が生まれたときは、

「男の子は大変だね」「女の子じゃなくて残念だね」などとよく言われたりして、

世の中「男の子=大変=出来れば遠慮したい」という固定観念があるんだなぁ~と、

無事に生まれればどちらでもよかった私は、不思議に思ったものでした。

 

・・・ところが。

そんな世論に反して、男の子は大変さ以上に可愛い!

可愛いすぎる!!! ママ愛がすごすぎる!!

f:id:denshaouji:20190301112630j:plain

人間としてここまで誰かに求められたことがあるのか?!というほど

とろけるような愛の言葉を毎日、無償でささやいてくれるこの幸せw

今回は備忘録をかねての親バカ記事です(笑)。

 寝起きにキュン! 

体のどこかがママにくっついていないと眠れない王子。

今は私のお腹に両足を乗せて、私の右腕を自分の胸の上に乗せて寝るのがお約束。

私自身は寝づらさこの上ないのですが、王子はこれが一番よく眠れるようで(^^;

 

さらに朝目が覚めると、真っ先に手探りでママを探し、

目を閉じたまま、ママの首根っこをぐいっと無言で引き寄せ、

王子のあごの下に私の顔が来るような、ラブラブカップル状態?に(笑)。

手は恋人繋ぎだったり、漫画のようなアツアツの朝を迎えていますw

 

 将来の夢にキュン! 

王子の夢はもちろん電車の運転士なのですが、

なぜなりたいのか理由を聞くと「ママが好きだから」と言います。

 

「?」と思いますが、「自分が運転する電車に一度はママを乗せてあげたい」そうで、

王子の頭の中に「自分が運転する電車に乗って喜ぶママ」の絵が

出来上がっているのでしょうね^^

 

でも、将来運転士という仕事があるのかも疑問ですが、

無事なれたとしても、私は既に70代になっているでしょうし、

もっともっと王子の活躍する姿を見たいのに、自分はいつまで生きられるかと思うと

ふと涙が出てしまうのが、高齢ママの切ないところですね(;_;)カナシイ

 男らしさにキュン! 

ママが重い荷物を持っていると、

「◯◯(自分)、力持ちだから持ってあげる!」と代わりに持ってくれたり、

 

バスに乗り遅れそうになったときも、足が遅い私(笑)に、

「◯◯(自分)がママの荷物を持って走るから、ママは走って!」と言って、

王子はママの鞄を抱えて猛ダッシュ!おかげでバスに間に合ったことも(*´▽`*)

 

急な階段を降りるときも、

王子が1~2歳頃は「転ばないように気を付けて」と私が言っていたのに、

今や「◯◯(自分)が先に歩くから、

   ママはきつをけて(←「気を付けて」をまだ間違えるw)◯◯の後についてきて」

先頭に立ってくれたり・・・男の子は「knight」ですね☆

 

 甘い言葉にキュン! 

「ママはなんでも可愛い」と毎日褒めてくれますが、

スカートやネックレス、リボン型ヘアゴムなど身に着けるときは

特に「可愛い!」と王子も喜んでくれますw

 

「ママのパジャマはお花の匂い」

「ママのおならは薔薇の香り」シテマセンケド(笑)な~んて、うっとり顔で言ったり、

今でもママの膝の上に移動してきて、真正面きって「好き」って言ってくれます^^

 

終いには、

「ず~っとママと一緒がいいから、

 ママ→(自分)→ママ→(自分)の順番で生まれよう!」なんて言うので、

 

「それだとずっと親子でいられるからいいね!

 ・・・でも、ママが◯◯の子どもに生まれるってことは、

 それまでママが天国に逝かないと生まれ変われないなぁ(苦笑)」ってことで

 

絶え間なく続いて親子にはなれなそうなことに、しょんぼりしていました(笑)。

 

マザコンにならないように溺愛し過ぎには気を付けていますが、
親が子供へ、幼児期にたっぷりと愛情を注ぐのと同時に、
ママ自身も、幼児期に受けた息子からの愛で
一生生きていけるっ! そんな気がしております( *´艸`)