【子育て】ママにべったりの時間はたったの10年!石田ひかりさんの一言が心に沁みました

f:id:denshaouji:20200221223948j:plain

先日、見ていたTV番組でのこと。

 

現在、1歳・4歳児の子育てに奮闘中のママである菅野美穂さんが、

3人の先輩ママ芸能人に質問・相談をするというコーナーで、

 

「子育てで“こうしておけばよかった”と

 思うことはありますか?」と質問。

 

おそらく、しつけや知育的なことを聞きたかったのかな?と思ったのですが、

 

すかさず、先輩ママの石田ひかりさんが

 

「私はガミガミ、本当に厳しく育てちゃったので、 

 もっともっと伸び伸びさせてあげればよかったなって、後悔がものすごくあります。

 きっと10歳くらいで早い子は反抗期が始まって、
 本当に10年しか『ママ、ママ』って言ってくれないんだって。

 

 こんなに短い時間だったのなら、とことん付き合ってあげればよかったなって。

 

 『だっこ、だっこ』って言われれば、とことんしてあげたかった、

 『なんで、なんで』って言われたら、とことん答えてあげればよかったなって、

 全部過ぎてみて思う」

 

としみじみ語った言葉が、すごく心に沁みました。。。

 

我が家の6歳年長王子も、ものすご~くママに甘えん坊で、

いまだに食事中に膝に乗ってくるし、

お風呂も歯磨きも添い寝も「ママがいい~」と言うし、

もう19kgにもなるのに抱っこ攻撃も重くて、

キス?というか犬のようにじゃれて舐められたり・・・(笑)、

とにかく一日中ベッタリ;

 

そんな濃密でラブラブ時間をいとおしく思う時もあるのですが

 

こちらの気持ちに余裕がない時は、

「1日でも早く大人になってほしい!」なんて言っちゃうときもあります。

 

でも、石田さんの言う通り、

「ママ、ママ」って言ってくれるのはたったの10年なんですよね。

 

特に男の子だから、

マザコンなんて言われないようにしっかり自立してほしいし、

ママからパパへ、そして友達へ・・・と

依存が移行していくのは自然な流れですが、

 

それまでの10年は、過ぎさればきっと短くてあっという間に感じることでしょう。

 

ママ自身にとっても、我が子と過ごせるキラキラした貴重な10年間を

(6歳王子に至っては、あと4年間しかない!(焦))

もっと前向きに付き合っていこうと、あらためて考え直しました。

 

石田ひかりさん、貴重な『気づき』を有り難うございました(*^▽^*)