近所の公立小学校でもこんなに差があるの?!現役6年生に聞き込みして驚いた話

f:id:denshaouji:20191103144403j:plain

先日、保育園帰りに公園で遊ばせていると、

園のクラスメイトのパパさんが、

他の子のお姉ちゃん(A小学校6年生)に

小学校生活について聞き込みしている現場に出くわしたので、

ちゃっかり合流させていただきました( *´艸`)

 

来春小学校へ入学する年長児一人っ子をもつ、パパさんと私にとっては

実際通う小学生から情報を聞くのは非常に貴重なので、興味津々でした!

 

我が家の近所には、2つの公立小学校があります。

小6のお姉ちゃんの私見ですが、まとめるとこんな感じです↓ ↓ ↓

 

A小学校の特色

◆小1~英語授業を取り入れるとともに、

 毎年1つの国に絞って異文化授業も行っている。

 

◆国語教育のモデル校なので、スピーチ力がつく

 

◆頭の良い子が多く、今年の6年生は約50人中、15人ほど中学受験をする予定。

 

◆(良い意味で)厳しい先生が多いので、

 先生の話を黙って聞くことが出来て、授業も行事もスムーズ。

 

◆いじめは聞いたことがなく、とても平和。

 

総じて、「A小学校に入って良かった!」とのこと。

 

B小学校の特色

◆生徒がどうしようもなくヤンチャで、先生は呆れていて野放し状態。

 

◆A小学校との合同行事ではハッキリ差が出るくらい、

 B生徒がうるさくて進行の妨げになる。

 

◆授業中もゲームをやったり、うるさくて、勉強にならない。

 

◆いじめも「めっちゃ多い」ので、「行かないほうがいい」とまで!

 (女子はSNSのいじめ、男子は暴力が多いそう)

 

一緒に聞いていたパパさんは、B小学校の目の前に住んでいるので、

現役小学生からのB小学校の惨状を聞いて、

「そんなに違うもの?!」と愕然としていて、

 

「目の前に小学校があるのに、あえて遠い小学校に行くのもなぁ~。

  でもそこまで違うと悩む」と、

一人娘の将来を案じて、頭を抱えていました;

 

この話を聞いて、

「家の近くに小学校がある=子育て環境が良い」と、

以前は安易に考えていた自分も

 

近いから良いってわけではなく、

その学校の評判こそが大事なんだよね・・・と改めて共感しました。 

www.denshaouji.link 

www.denshaouji.link

 

なので、転居するにあたって重要視したのは、

最寄りの保育園と小学校の口コミでした。

 

よって、評判の良さそうなA小学校の学区に計画的に転居したので、

いくらか安心して入学を楽しみに出来ています。

 

まぁ、実際は学年によってもカラーが違うと思いますが、

そのお姉ちゃんいわく、

「今の3~5年生(=来年の4~6年生)が

 落ち着いているから大丈夫!

 上級生の影響って大きいから」とのこと。

 

心強いお言葉!!(笑)

 

今の時代は割と越境入学がゆるくてうらやましいですが、

小学校生活の6年間ってかなり長いので、

なるべく不安材料の少ない選択をしたいですよね。

 

うちもまだまだ気を揉むことが多いので、

今回、現役6年生に話を聞けて有意義でした!

 

未就学児を持つ保護者の皆さんも、

ぜひ現役6年生に話を聞く機会を設けてみてください^^