電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年中)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

将来の「ワンオペ家事育児」予防に!結婚してすぐに決めるべきは『夫との家事分担』

保育園のママ友とお話していると、「ワンオペ家事育児」の多いことに気づきます。

 f:id:denshaouji:20181002154352p:plain

パパは多忙なため、育児も家事もママ任せ。

もちろん、皆さん働くママなので、プラス仕事ともなると

それはもう想像以上の大変さ!

 

仕事を持つ身としては同じなのに、どうしてママばかり…とお悩み相談が絶えません。

 

我が家は1人っ子だし、ほぼフルタイム勤務ですが残業もないので、

時間的余裕はある方だと思いますが、主人にも家事分担を任せています。

今回は家事分担の決め方、ポイントなどをご紹介します。

スポンサーリンク

家庭は1つの会社である

私は常日頃こう考えています。

なので家庭を形成するものはみんな役割を持つのが当たり前。

CEO=指揮命令者は妻です。経理担当も兼ねていますが(笑)。

 

CEOを夫にする家庭は、意外とうまくいってないです。

男は基本的に家庭運営に向いていないので、妻の我慢、不満が溜まります。

妻をCEOにして、うまく会社(家庭)を廻した方が圧倒的に皆幸せですww

f:id:denshaouji:20181004110007p:plain  

そして、妻は自分が権限を握っていることはうまく隠して、

上手に社員を操りましょう(笑)。

おだてまくって褒めまくってお願いするのです。

 

結婚してすぐに分担を決めるのがコツ

新生活突入と同時に、分担を決めるほうが圧倒的にスムーズです。

日々に忙殺されてくると、「今更分担なんて出来るか」と言われてしまうのがオチ。

最初は妻8:夫2で様子見して、実力があれば(笑)7:3に持ち込みましょう。

 

最初からキッチリ5:5にすると、元来家事に不器用な夫が爆発します。

5が0になってしまうこともあるので、慎重に(笑)。 

f:id:denshaouji:20181004110228j:plain

我が家は最初、ゴミ出し(集めるのは妻)と風呂掃除のみお願いしました。

ここで肝心なのは、妻が一番好きではない家事を1つだけ夫に託すこと(笑)。

私は「風呂掃除」でした。

 

重労働の家事+簡単な家事で「2」に。これだけでとりあえず作戦成功ですww

 

ちなみに「夫の家事担当は風呂掃除が一番多いんだって!力が必要だもんね」と

夫が納得するような理由でお願いしました。

 

また、男性は家のこととなると忘れやすいので、

しばらくはお願いした分担を紙に貼っておくと良いですね。

 

慣れてきたら分担を増やそう

子供も生まれた今では、

◆ゴミ集めからゴミ出し

◆風呂掃除

◆週末の料理全般(料理が好きな夫なので、週末は全ておまかせ)

これに適宜、子供の遊び相手などお願いしています。

 

また、一度分担を決めたら、妻は一切手出ししないのもポイントです。

手伝ってしまうと「じゃぁ、お願い!」と言われてしまうから。

子供のお手伝いと同じで、責任を持って全うしてもらうよう応援しましょう。 

f:id:denshaouji:20181004110436p:plain

これで将来のワンオペ家事育児 防止にもなり、家庭円満♥

家事を自然にしている父親を見て、

我が子にも良い影響を与えてくれることと願っています(*^-^*)