電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年中)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

子供が通う公立保育園が民営化に! 運営事業者が決まるまでの流れ、メリットデメリットをまとめてみました

王子が通っている公立保育園が、今春から民営化されます。

f:id:denshaouji:20190221145851j:plain

民営化が進んでいる背景は報道の通りですが、

実際どんな流れで進んだか、

保護者目線で感じたメリット・デメリットなどまとめてみました。

スポンサーリンク
 

運営事業所が決まるまで

我が家が入園したのは2016年春ですが、既に民営化は決まっていました。

 

それを気にして申込を控えるご家庭もいましたが、

私はどちらかといえば私立保育園賛成派なので、特に気にしませんでした。

(そもそも、待機児童が多く、保育園を選べる状況でもなかったので(^^;)

 

その時点では民営化になる以外はすべて不透明でしたが、

実際に保護者に向けて説明会が始まったのは2018年年明けからです。

 

<2018年・年明けの説明会>

「これから事業所を募集する」という役所からの説明のみでした。

土曜日にわざわざ夫婦そろって出かけましたが、ほかは全く未定なので、

無意味な時間を過ごしてしまいました(;´д`)オヤクショシゴトデシタ…

 

<2018年・春の説明会>

運営事業者候補2社の紹介。

保育指針やサービス内容をまとめたレジュメを配布し、既に二者択一の状態でした。

後日、保護者による多数決投票があり、夏に決定。

ちなみに、多数決で多かったA社に決まりましたが、

B社は同じ地域内の別の園に決まったので、

結局2社の運営はすでに決まっていた・・・と推測されます。

 

尚、A社の投票が多かった理由は、

B社の保育内容が独特過ぎるゆえの消去法なので

「本当はどちらも選びたくなかった」という保護者多数でした(/ω\)トホホ…

 

A社は逆になんとも曖昧で無難な内容だったのですが、

今の公立に似た、これという特徴もない「ごく普通~」の感じが

逆に子供たちにはガラっと変わりすぎず良いのかな~と前向きに考えていますw

 

民営化でどう変わる?

延長保育の時間が延びたり、延長保育の定員が増えたり、

朝から晩までフル稼働のバリキャリママさんには、サービスの質が良くなります

 

保育料は、認可保育園ですので、民営化後も保育料は変わりません

もちろん、建物も変わりません。

 

各家庭で用意する持ちものは、公立よりも若干減りました

公立はバッグや名前付けのサイズまで事細かく指定がありましたが(THE公立!)、

民間のほうがその辺り寛大で、

防災服も不要で、手拭きタオルはペーパータオルを使用するなど助かります。

 

ただ、布団カバーについて、

公立は布団の方にボタンがついていたので、カバーはボタンホールが必要でしたが

民間は何もついていない布団(そのほうが普通なのですが(笑))なので

カバーの方にスナップボタンをつける必要があり、手間なのはその1点だけですね。

スポンサーリンク
 

世間で囁かれる【民営化のデメリット】

細かい部分は色々あると思いますが、

何と言っても心配なのは「職員がすべて入れ替えになる」ですよね。

 

長年お世話になった先生方含め、園長も全員お別れとなります。

子供たちの環境へのとまどいを軽減するために、

新しい先生が年明けから1人サポートで入って、お互い慣れる準備をしています。

 

「ベテラン先生がいなくなり不安」「経験が浅い先生が来るので不安」という

保護者の声は聞かれますが、当の子供たちは意外と気にしていないようです(笑)。

 

また、民営化になることで良くも悪くも各園の個性が出るので、

都心では「保育内容で保育園を選べる状況ではない」のですが、

近所の園だけど個性が合わなかったら敬遠せざるえなかったり、

さらに人気に偏りが出そうな予感がします。

 

私が考える【民営化のメリット】1:先生が若返る!

個人的には若い先生はウエルカムです!(笑)

 

なぜなら、今は確かにベテランだけど年配が多く、

動き回る子供たちについていけてない、暑さ寒さを理由にして外遊びが少ない、など

あきらかに先生の年齢的な怠慢を感じさせるシーンが多く、

特にうちは男の子なので活動量の少なさが不満だったんです。 

 

一方、若い先生はフレッシュなので頑張ってくれます(経験上)。

 

相談事もベテラン先生は「そういうこともあるわね~」と流しがちだけど、

若い先生は一生懸命真剣に向き合ってくれる傾向があり、

その心意気が嬉しかったりします(*´▽`*)

  

私が考える【民営化のメリット】2:最新システムで効率的に!

公立はイベント写真購入時には、

「廊下にずらりと100枚以上張り出して、1枚1枚その場で見て番号を書き写し、

 集金袋に現金を入れて、わずか2日間の集金日に収める」という

極めてアナログなやり方でした。

 

しかも、写真を選ぶ際は「子どもを引き取ってから閲覧する」と決まっているので、

子供がキャーキャーしている横で、のんびり選んでいる余裕はありませんし、

100枚以上から我が子の写真を探し出すのは一苦労です。

  

一方、私立はイマドキの「ネット販売・クレジットカード決済」なので、

時間を問わず自宅でゆっくり選べるし、

集金日を気にして、お釣りのないよう現金を用意しておかなくても良い。

 

さらに送迎時もICカードで出入りするので、記録に残ってセキュリティも万全!

 

古き良き公立のシステムは、アナログで誰でもわかりやすいですが、

効率化を追求するなら断然、民間に軍配が上がります。

 

以上、個人的には民営化ウェルカムなのですが、後日談は随時ご報告します^^