保育園いじめ退園その後 ~ 保育園と加害者親が嘘の証言!隠蔽作戦としての「緊急保護者会」が開かれました

f:id:denshaouji:20190917012451j:plain

年長クラスメイトからのいじめで保育園を退園してから

その後の保育園の様子を聞くのがなんとなく怖くて、

転居までは誰にも会わないように心がけてきましたが、 

www.denshaouji.link

お世話になったママ友には転居前に挨拶しておきたかったので、

挨拶がてらその後の様子を聞くと、意外な展開になっていました!

 

※本記事は同じように被害にあっている方の参考になるよう書いています。不快な方はスルーしてください。

加害者親が園長に緊急保護者会を申し出る

私がクラスLINEを送った翌日に、

加害者の親3人が園長にLINE内容を見せて

「うちの子たちは無実だし、被害者だ。

『やっていない』ということを証明したいので緊急保護者会を開いてほしい」

訴えたそうです。

 

子どもたちはまだしも、

保護者3人は穏やかで常識ある方々だと思っていたし、

 

普段から素行の悪い息子たちの様子に、

ママたちは「手を焼いて困ってる」「大変すぎて母子二人だけで出かけたことがない」

と口々に言っていたくらいなので、ここで無実を訴えるのも白々しいですが、

誰かが言い出して3人口裏合わせたのでしょう。

 

なかでも暴力Aくんママは、

40代高齢ママの同士(1歳年上)で理解もあり、

普段から王子に暴力的な態度だったAくんのことを

「申し訳ない。小学生になったら絶対うちの子、いじめっ子になるよね。

 今後どうやってしつけていくか、保育園と相談しながら様子見ていくね」

言ってくれていたので、手のひら返したような「被害者発言」にはショックでした。

 

園長から1枚の紙が保護者に配布される

でも園長は保護者会をするとバツが悪いと思ったのでしょう。

 

なかなか開催しないうえに、1枚の紙が突然クラスに配布され、

「今回の件は、園外で起きたことなので保育園では実態を把握していません。

 王子さんは(いじめではなく)ご希望により退園されました」

書かれていたそうです。

 

さんざん園内で起きた事件を話したにもかかわらず(前回の記事の通り)、

「園外」というあからさまな嘘の証言をしたことに、

園長の隠蔽作戦が見え見えで、これまた驚き。

 

これには保護者側も納得いかず、結局「緊急保護者会」は開催されました。

 

緊急保護者会で釈明会見が行われる

実は私も役所から

「~保育園園長に電話をしてください。保護者会を開催したいそうです」と

連絡がありましたが、1対大勢(園長と加害者親3人)では絶対形勢不利だし、

二度と戻りませんし、行って嫌な思いをするのがオチなので拒否しました。

 

会では、園長の両端にバッチリ副補佐をつけて、保育士数人、役所保育課担当、

クラスの保護者も1名除いては全員参加したそうです。(月曜夜に1時間半も!)

 

でも隠蔽をすることが目的の会なので、

保育士担任は涙ながらに「すみませんでした」と謝罪してくれたようですが

「余計なことは喋るな」という園長の圧がすごかったそうで、

終始一貫、園長が「園外で起きたことなので把握していません」と弁明。

 

「明らかに園内で起きたことが書かれていましたけど?」との声にも

「園外です、存じません、把握していません」の一点張り。

 

園長のパワハラばりの圧で、ほかの職員はほとんど口を開かなかったそうです。

 

加害者親も

やっていないと言っているので、我が子を信じます」と

無実を主張。

 

結局、全て嘘の証言ばかりで、本当のことは何一つ出てこなかったし、

その後は(うちの事件と別なところで)保育園に不満があるママが

これを良い機会とばかりに違う不満を爆発させていて、

園内調査も行われることになったけど、意味のない会だったよ・・・とのこと。

 

結論:やっぱり辞めて良かった!

やっぱりね、というお粗末な結果でしたが、

ニュースを見ていても感じるけど、

加害者側はなんとかして無実を主張して罪を逃れたがるものなんですね。

自分の損得を考えたら、良心なんてものは簡単に捨ててしまうんだなと。

 

私が加害者の親だったら、

まず普段の生活で我が子に「これは危ない」と察知した時点で手を打っておくし、

「手を焼いたまま野放し」なんてことは絶対にしない。

 

ましてや今回のようなことは実際に逮捕されるわけでもないので

「~くんには申し訳ないことをした。これからしっかりしつけていきたい」と

いう一言で良かったのに、それさえも出来ないなんて保護者のモラルが問われます。

 

この親にしてこの子あり、だったんですね。

 

園長(保育園)→ 民営化してすぐに不祥事が表沙汰になっては、

         学校法人の経営に支障を生じる。

         園長も、自身の解雇・責任辞職はなんとしても阻止したい。

 

保護者    →  自分たちこそ被害者だと声高に訴えることで同情を誘って、

         責任逃れしたい。


何とかして罪から逃れたい法廷裁判と同じですね(苦笑)。

 

こうやって自分の損得しか考えられない大人たちは、

素行の悪い子供が少年になって、さらなる非行や事件を起こしてからでないと、

「あのときに何とかしていれば」と己の浅はかさに気付かないのかもしれませんね。

 

自業自得ってもんです。

 

誰の目から見ても「あの子、ヤバいよね」という彼らなので、

親が本気で後悔する現実はそう遠くないかもしれません。。。

 

・・・とまぁ、私のほうが人間不信になりそうですが(苦笑)、

この保育園は特殊過ぎた例であって、

子供も保護者もたまたま質が悪かったと、他の話を聞くにつけて実感しています;

 

幼児のうちからこんなドロドロの園、イヤですよね(^^;

 

同じように苦しい経験をされている方は、

早くドロドロの園から脱出することをオススメします!

良心やモラルのない人たちと正論で戦っていても疲弊するだけです。

 

隣の芝生は青いです。

他を見ればきっと青くて清々しい世界が広がっているはずです。 

新たな環境整備に頑張りましょう~!

www.denshaouji.link