電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年長)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

この保育園に出会えて良かった!保護者会で感動した園長先生のおはなし

f:id:denshaouji:20190426052639j:plain
保育園民営化になってから初の保護者会が行われました。 

www.denshaouji.link

 

保護者会の内容も良くなった!

今までの公立時代の保護者会

◆拘束時間が2時間と長く、一同疲労困憊(苦笑)。

◆園が決めたテーマに従って、

 グループ毎に話し合い&発表をするワークショップが必ずあった。

  楽しいテーマならまだしも、「土踏まずについて」「実際にあった喧嘩」とか

  全く盛り上がらなかったり、逆に話しにくかったり、毎回重苦しい雰囲気で、

  発表自体も苦手なので苦痛でした。

  (せめて保護者希望のテーマを多数決で取り上げてほしいと一部で提案したら

   「園が今の子供たちの状況を見て決めるから」と却下された。それで何故に土踏まず??)

◆園からの情報提供よりも、保護者同士のワークショップ重視で心的負担。

◆子供たちの様子は写真で説明。

◆子供たちがオヤツを食べるのを隣で見届けて解散

 

私立保育園になって初の保護者会

◆拘束時間が1時間で簡潔に!

◆園からの情報提供重視で、保護者からは質疑応答のみ。負担ゼロw

◆子供たちの様子は1日の流れを動画で説明。実際のお喋りが聴けて楽しい。

◆子供たちのオヤツを親も試食させて頂きました^^

 

朝夕しっかり外遊び

また、若い男性保育士が中心となって、積極的な外遊びを心がけているとのことで

雨の日以外、毎日必ずお散歩(遠出もあり)に連れて行ってくれるし、

夕方もお迎えに行くと、園庭でキャーキャー遊んでいる子供たちの声を聴くと

みんなすごく楽しそうで、本当に感謝しきれません!

 

今まで「外遊びは多くて週2日」だった公立園時代は

エネルギーを持て余した子供たちが室内で鬱々としていたのを感じていました。

ストレスが溜まって、いざこざや喧嘩はしょっちゅうで、

いつも誰かが泣いたり怒ったりして、みんなトゲトゲしていました( ;´Д`)

 

それが今や!みんな心ゆくまで体を動かし、外遊びで協調性もついてきたのか

すっごく笑顔が増えたのです! 4月になって喧嘩は一度も見たことがありません。

見違えるようにクラスの雰囲気も明るくなったし、とても平和になりました。

 

いろんなトラブルに巻き込まれがちだった王子も今や

「小学生になっても、このまま同じクラスがいい!」と言うほど(*‘∀‘) ワオッ

 

外遊びの重要性を認識して実行してくださる今の園に心から感謝です。

 

年間イベントも子供重視

来月から野菜を育てたり、秋に収穫するためのサツマイモの苗を植えたり、

どろんこ遊びやボディペインティングなど、

今までになかった行事が盛りだくさんで、すごく楽しそう☆

 

また、現在年長児なので卒園式の話も出ました。

 

公立時代は3月中旬の週半ばの平日に卒園式を行っておりましたが、

週半ばでは何かと慌ただしいし、早々と卒園式を終えてしまうと

年長児は早くから教室を追い出され(下の学年が上のクラスに引っ越しするので)

ホールで2週間ほど過ごす日々を送っていたのです。

 

それで私立園では、なるべくギリギリまで教室を使わせてあげたいということと、

親子ともに週末ゆっくりしてもらいたいということで、

卒園式を3月下旬の金曜日に設定。謝恩会も金曜夜にゆったり楽しめます。

 

私立園の配慮に感激し通しです(*^▽^*)

 

園長先生のお話に拍手喝采!

最後に園長先生からお話がありました。

 

なかでも

「私自身、あちこちの公立の園に長く勤めていましたが、

 こんなに「鍵」の多い保育園は初めてで、

 出来るだけ鍵を取っ払いたいと思っているんです。

 何故なら鍵が多いと、子供たちは自由に身動きできない。

 それはおかしいことで、本来子供たちは外で遊びたければ

 『先生、庭に行ってきま~す!』と自ら靴を履いて

 園庭へ遊びに行くのが、正しい姿なのです。

 鍵が多いことで子供たちの自主性が損なわれている現状を、

 私たちは変えていきたい」

という園長先生の想いに、もう~しびれましたね(笑)!

 

確かに今の施設は本当に鍵が多いのですが、

それを今後は管理者都合でなく、

子供の主体性を重んじて改革したいという考えに涙が出そうでした。

 

こんな園に、もっと早くからお世話になりたかった。

来春卒園なので、たった1年間のお付き合いなのが非常に残念ですが、

でも最後の1年だけでも素敵な園に恵まれて良かったと前向きに考えます^^

 

ちなみに、「今年の4月は泣く子が少ない」そうです。

 

確かに4月の慣らし保育にありがちな、

ママとのお別れでギャン泣きする乳幼児の声を私も聞かないし、

特に我が年長クラスに限っては、イケメン先生のおかげで、

今まで登園を泣いて嫌がっていた女子も、今や早く登園したがるそうw

 

先生が変わると、子供たちも変わるのだなぁと。先生って影響力大ですよね^^