電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年中)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

ロスジェネ世代でも諦めないで!四大卒ですが事務派遣で20年生き抜いた私の5つの派遣活用法

私は、俗にいう「ロストジェネレーション世代」で、

大学4年生の就活時期は、

どこもかしこも「採用ゼロ」という厳しい超就職氷河期を過ごしました。 

f:id:denshaouji:20181121143356p:plain

夢を持って大学に進んだものの、

日本において一番華々しい「新卒」の肩書きが

全く使えないという不遇の事態に見舞われ、

何とかして入れた旅行会社は離職率が高く、3年で退社。

 

以降、途中パートや契約社員も経験しましたが

ほぼ「派遣社員」として20年近く生きてきました。

 

ただただ普通の事務OLをやってきましたが、

現在は幸運にも、過去最高額のお時給で働かせていただいております。

 

今回は、派遣長老者の私が導き出した、賢い派遣の活用法をご紹介します。

スポンサーリンク

業界経験を積むか、職種経験を積むか

20代半ばで派遣社員になったとき、まず悩んだのは上記のコト。

 

ブログ読者の方はご存知の通り、私は大の旅行好き。

 

派遣ならば、大手で経験を積むことも手軽なので、

旅行業界の経験をしっかり積んで、正社員へ転身!…と思いきや、

 

「旅行は仕事にするのではなく、自分が行くものだ」と悟り(笑)、

30代からは「事務経験を積む」に路線変更しました。

 

派遣で渡り歩く際も、時給だけでやみくもに選んではいけません。

 

「結局何ができるの?何がしたいの?」となり、器用貧乏は評価されないので

業界または職種を統一していくと、派遣でも強みになります

 

派遣会社の「e-learning」を活用

事務職として生きていく以上、何はなくともOAスキルは必要不可欠です。

そこで活用しまくったのが「e-learning」。

 

大手派遣会社では、ネットを利用した通信講座「e-learning」が充実しているので、

資格取得やOA業務、ビジネスマナーなどを無料または格安で学ぶことができます。 

f:id:denshaouji:20181121142646j:plain

登録スタッフを対象に、公開講座も随時開催しているので、

私もOAのスキルアップのため、よく足を運び、

現在ではEXCEL系では割と重宝される立場になりました^^

 

大手派遣先のネームバリューが効く!

派遣と言えども「あの◯◯で働いていた」という経歴は、信用性がUPします。

f:id:denshaouji:20181121142754g:plain

特に同業界、関連業界で働くのであれば、

ネームバリューのある大手を選ぶことも有効かと思います。

  

派遣仲間との情報交換は重要

長く派遣をやっていると、切ったり切られたり(笑)で、

良くも悪くも職歴が増えてきます。

 

もちろん、派遣ではよくあることなので、そこは気にせず、

同じ立場である現役の派遣スタッフも同じ経験をしてきているので、

積極的に情報交換をしましょう。

f:id:denshaouji:20181121142624g:plain 

これまで相手が経験した派遣元や派遣先の情報を仕入れておくことで

ブラック情報に注意することも出来るし、お得情報は活用できます。

スポンサーリンク

事務+「α」の能力を身につける

普通のOAスキルだけでは、事務職で高額時給は望めません。

 

私の場合では、旅行業界の知識というのは、

悲しいことに他業界では何一つ評価されなかったので、

「+α」の能力を身に着けるのに必死でした。

 

そこで状況を変えたのが、未経験で飛び込んだ金融の世界。

 

銀行事務を経験したことから、

次の転職では経理事務のお仕事をいただけるようになり、

証券外務員の資格も取得したので、何とか自分のウリが作れました。 

 

そして前述の「e-learning」を駆使して身につけたEXCELスキルや

タイピングの速さも派遣会社に評価していただいています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

いかがでしょうか?

事務派遣といえども活用次第で、

職歴や能力にプラスになったり、高時給を望むことも可能になるのです。

 

ロスジェネ世代は特に派遣が多いと思いますが、一緒に頑張って行きましょうね!

 

派遣会社選びのコツはこちらの記事をどうぞ☆

www.denshaouji.link