電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年中)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

事務派遣歴20年が教える!派遣会社の特徴と賢い選び方【パソナ/アデコ/テンプ/インハウス】

前回は、派遣になった経歴や派遣の活用法などを記しましたが

今回は、実際に私が利用した派遣会社の特徴と賢い選び方をご紹介します。

www.denshaouji.link

スポンサーリンク

パソナ

◎時給が全般的に高め

◎案件が豊富

▼案件のレベルが高め

◎フルタイムの案件が多い

◎仕事の紹介が早い

◎親切で丁寧な営業担当が多い

◎ストレスフルな派遣先では、営業担当とは別に「メンター」という、

 派遣スタッフのメンタルケアを担当する人がつく。

◎誕生日プレゼント(メモ帳など)をくれたり、

 東京本社で派遣スタッフとそのお友達を対象にパーティーイベントが開催される。

 

アデコ

◎実は人材業界で世界一のシェア

◎勤務先名を公開している求人が多い

▼時給は低め

◎フルタイムの案件が多い

◎現在の状況確認とお仕事の紹介のお電話が頻繁にある

(紹介は嬉しいが、希望条件と相違のものが多く、社内での情報共有がイマイチ)

▼事前情報と顔合わせ時で話が違うことがある

▼お仕事紹介は積極的だけど、就労後のサポートがイマイチ

 

パーソルテンプスタッフ(旧:テンプスタッフ)

▼時給は低め

◎案件が豊富

◎案件のレベルが低め

◎単発・短期・時短のお仕事が多い

◎サービス系、体力系などお仕事の幅が広い

▼登録スタッフ数が多く、お仕事GETは争奪戦

◎単発・短期のお仕事は、常連になると直接紹介の電話がくる。

◎登録会や定期訪問の際に、テンプりん。グッズやクッキーをよくくれる。

 

インハウス型派遣会社

大手企業は、一般の派遣会社を使わず、

自社グループ内で派遣会社を持っていることが多く、

ピンポイントで、「◯◯企業のグループで働きたい」という場合は最適!

 

福利厚生は企業元に準ずることが多く、オトクな面もありますが、

全体的に時給は低め。

また、取り扱いが自社グループに限るため、汎用性は低いです。 

スポンサーリンク

希望の働き方によって派遣会社を使い分けよう!

以上、経験から感じた超私的意見ですが、まとめますと

 

フルタイムでバリバリ働きたいならパソナ(バリキャリ向き)、

フルタイムでそこそこ働きたいならアデコ(ゆるキャリ向き)、

フルタイムやパートで気軽に働きたいならパーソルテンプスタッフ(若者や主婦向き)

 

・・・といった感じでしょうか。

 

私の場合は基本パソナで、

妊娠~出産後のフルタイムで働きにくい間は主人の扶養に入り、

アデコやパーソルテンプスタッフで単発や短期のお仕事をしていました。

 

自分を取り巻く就労環境が変わっても、

そこを得意とする派遣会社が必ずあるので、

派遣会社に複数登録しておくと、いざという時に慌てなくて便利ですよ☆

 

同じ仕事でも派遣会社によって時給が違うので注意!

お仕事探しをしていると、

「あれ?これって同じかも?」と思う案件を別の派遣会社で見かけることがあります。

 

同時に数社に求人依頼をして、競合をかけている派遣先があるので、

この場合は、時給に相違があるかチェックして、

派遣元に特別な思い入れがない場合は、

一番時給の高い派遣元からエントリーしましょう。

 

入社してみると、同じ業務なのに、

A派遣元よりB派遣元のほうが時給が高かったということはよくあります。

 

が、だからといってA社に、B社と同じ時給にしてくれ、という希望は

なかなか叶わないのが現実なので、最初が肝心です。

 

派遣専門の総合サイト「リクナビ派遣」で広くチェックしよう

そこで便利なのが、

日本最大級の求人情報を提供する派遣専門の総合サイト「リクナビ派遣」!

 

リクルートが運営する人材派遣、人材派遣会社のお仕事・求人情報サイトで

全国30,000件以上の人材派遣の情報が日々更新されているので、

私は気になる案件があったら、

リクナビ派遣」で同時にチェックすることで漏れがないようにしています(笑)。

 

また、前述の大手派遣会社では取り扱わないような、

地元に強い派遣会社と言うのも「リクナビ派遣」に登録しているので、

地元でお仕事を探したいという方も「リクナビ派遣」はおすすめですよ。

 f:id:denshaouji:20181125061310p:plain

以上、派遣会社やサイトの特徴を踏まえたうえで、賢い職業選択をしましょう(^_-)-☆