電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年長)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

【良い歯医者の見分け方】歯医者ジプシーだった私はこうして運命の歯医者と出会いました。

子供の頃からずっと「歯医者」は 出来れば行きたくない存在 でした。

 

治療そのものもそうですが、

自分に合った歯医者がなかなか見つからなくて

「お客」なのにこちらが委縮してしまうような高圧的な態度に

精神的に嫌な思いをすることもしょっちゅう。。。

 

でも結婚して転居した現住所の近所で

「とても良かったよ!」と旦那さんが見つけてきた歯医者さんが本当に良くて、

 

DINKS時代からマタニティ~出産後まで約10年間、

家族全員でお世話になっています(*^▽^*)

www.denshaouji.link

今回は、そんな歯医者ジプシーだった私が出会った

「良い歯医者」の定義について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

極力治療をしない

何でも、ありのままの姿が一番良いわけで、

持って生まれた歯を生かすことを前提にして、できるだけ歯をいじりません。

 

過去の歯医者は、無知な患者をカモにして、

すぐにレントゲンを撮ろうとしたり、削ろうとしたり、

不要な治療を独断で施そうとする金儲け主義が多く、辟易していました。

 

今の歯科医は

「いつまでもご自分の歯を大事に守りましょう!」

いつも力強くおっしゃってくれます。

 

だからといって何もしないのではなく、

最低限の処置で済むよう的確なアドバイスをして、予防指導に力を入れています。

 

患者の気持ちを汲み取ってくれる

歯を意識して磨いていること、定期健診に来るだけ意識が高いということを

「素晴らしい!」と毎回褒めてくれます(笑)。

 

「とても意識してご丁寧に歯磨きされていることがわかりますが、

   どうしても磨きにくいところがあって、

 そういう時はこちらでしっかりお掃除しますからご安心ください。

 でも、キレイにされていて素晴らしいですよ!」

 

こんな風にいつも褒めていただけるのは、やはり気分が良いモノ(笑)。

 

過去の歯医者は、磨けていないところだけクローズアップして、

お説教になりがちでした。そういうところはスタッフも無表情だったり(>_≪)

 

明朗会計で診察も良心的!

歯医者さんって「今日はいくらかかるんだろう?」ってドキドキしませんか?

 

でも今の歯科医は「次回は◯◯円かかるのでお願いします」と、

事前に金額を教えてくれるんです!

 

今までそんな歯科医はなかったので、とても有り難いです。

 

また、過去のような「数分の診療 × 長期間通わせる」といった手法とは無縁で、

1回の診察で出来ることはすべて行い、なるべく短期間で済むようにしてくれます

スポンサーリンク

堅実で人柄がにじみ出ている

今の歯科医は地元密着の町医者で、

イマドキの歯科のようなオシャレさも、最新設備も、キッズルームもありません。

先生1人なので診察台も2台しかないし、ご自宅の1Fなのでこじんまりです。

 

でも小学校の校医をされているだけあって、子供に優しいし、物腰穏やか。

f:id:denshaouji:20181207112119j:plain ← こんな感じ w

 

何より「歯を守ろう」という意識がとても高く、患者の気持ちに寄り添ってくれます。

さながら「歯を守る正義のヒーロー」

 

唯一残念なのは、60代のお爺さん先生なのですが、後継者がいないんです;

 

先生がたたんでしまった時の将来を恐れていますが、

それまで我が家の歯を守ってください ( *´艸`)