ホーム

算数『時間と時刻』を教えるコツは、時計を手作りしてみよう!

f:id:denshaouji:20200522165852j:plain

6歳小1王子、時計は〇時〇分まで読めるようになりましたが、

「3時40分から30分後は、〇時〇分?」という問題に

つまづいていました;

 

そこで、パパとこんな時計を手作りしました!

数字はパパが、5分毎の色塗りや針をハサミで切ったりは王子が担当。 

f:id:denshaouji:20200522170046j:plain

軸の部分はネジを貼り付け、紙で切り抜いた針を2本つけて

手でクルクル回せるようになっています。

 

お勉強の時には、これをクルクル回して、

「〇分前」や「〇分後」の時刻を、実際に手を使って確かめます。

f:id:denshaouji:20200522170319j:plain 

とても簡単ですが、これで時刻の予想もできるようになりました!

 

ちなむに時計を読めるようになるには、

リビングのアナログ壁時計に「5」「10」「15」・・・と

5分刻みに数字シールを貼っておき、

日常的に読んでいれば、自然と慣れてくるのでお試しあれ(*^▽^*)

 

幼児のうちから、こんな学習時計を使うのも良いですね★

 

王子の算数好きは、こうやって磨いてきました(*^▽^*)

www.denshaouji.link