クロネコヤマト【羽田クロノゲート】子連れで工場見学!驚愕の物流の最新システムに、お土産は「お仕事体験」で楽しくGET!

f:id:denshaouji:20190712124020p:plain
夏と言えば工場見学!(笑)

羽田空港にほど近くに立地する、ヤマトグループの巨大物流施設

「羽田クロノゲート」に子連れ見学してきました。

 

宅急便をはじめとした物流の仕組みを実際の設備や展示、

アトラクションを通して体感出来て、夏休みの自由研究にもおすすめですよ★

【アクセス】 京急空港線か東京モノレール

京浜急行空港線「穴守稲荷駅」より 徒歩約5分、

または東京モノレール「天空橋駅」より 徒歩 約10分。

右側の、巨大なUFOをさかさまにしたような体育館が目印です。↓ ↓ ↓

f:id:denshaouji:20190712124057p:plain

「ホテルJALシティ羽田」の隣なので、CAさんっぽい方々も目撃しました(笑)。

駐車場はないので、公共交通機関で訪問しましょう。

 

見学日時・予約方法

【休館日】月曜日・年末年始・お盆

 

火曜日~日曜日まで見学可能です。

対象年齢は小学校高学年以上が理解しやすい内容ですが、年齢制限はありません。

 

予約はネット受付で、見学希望日の30日前から予約が可能です。

www.yamato-hd.co.jp

場所が辺鄙だからか?週末でも空きがあることが多く、穴場の工場見学ですw

 

当日受付

ネット予約後にいざ訪問!

受付棟でスタッフさんより、首から下げる入館カードが配布され、

駅の改札のようにピッとかざして通ります。

 

館内入口に無料ロッカーがあるので、入館カード付属の鍵で利用できます。

館内は撮影NGのため、カメラは置いていき、飲み物は持ち込みOKでした。

(というわけで、写真はHPの画像からお借りしました)

 

見学コース

1.見学者ホール

シアタールームで、物流の過去から未来までを映像でたどります。

f:id:denshaouji:20190712125331j:plain

 

2.見学者コリドー

実際に荷物が目の前を流れていく様子を空中回廊から見学します。

まさに秒殺っ!!一見の価値がありますよ。

フル活動すると1時間で48000個もの荷物を仕分けられるそうです。

f:id:denshaouji:20190712125623j:plain

セル1枚に荷物が1つずつ乗って、

行き先別に自動で仕分けされるさまは、近未来のシステムで圧巻!

「ヤマトで配送したら翌日に届くわけだ」・・・このスピード仕分けで納得です。


また、エレベーターを模した映像を通じて、

最新の仕分け機器や上層階の付加価値機能を学びました。

 

3.集中管理室

羽田クロノゲートの頭脳と言えるゾーンです。

f:id:denshaouji:20190712125907j:plain

普段はセキュリティのため、中は見えないのですが

見学者にだけ窓ガラスを透明にして特別公開! 

沢山のモニターがずらりと並び、高い効率化と万全のセキュリティを追及しています。

 

4.展示ホール

物流が生み出す社会的な価値について、

プロジェクションマッピングと知識を深める引き出しで紹介!

f:id:denshaouji:20190712130230j:plain

中央の床式大型スクリーンで、

荷物が日本のある家から物流センターを経由して空港に運ばれ、

飛行機で香港まで飛び、また物流センターを通して、香港のある家へ届く・・・という

流れの速さを実感できる映像はとても迫力があって、見ごたえありました。

 

「お仕事体験」でお土産を自分でGET!

最後にここで「お仕事体験」をして終わりです。

入館カードに付帯されたバーコードを読み取って、

指定された3品を、お荷物BOXから自分でピックアップするという体験で

その3品がお土産になるというモノ。

 

これは王子も楽しめましたよ~。

指定の3品は<メモ帳、のり、定規>でした。伝票っぽいメモ帳が可愛い!!

f:id:denshaouji:20190712130612j:plain

私の指定の3品は、<クリアファイル、クリップ、シール>。

他にもボールペンや輪ゴムもありましたよ。

文房具のお土産は子どもが喜びますね。

 

ざっと90分弱の見学内容でしたが、

物流の最新システムを目の当たりにして、お仕事体験をしたことで

「宅急便」のお仕事が身近になったようです。

 

しばらくはクロネコヤマトの宅配車を見るたびに、反応していました(笑)。

是非、皆さんも行ってみてくださいね(*^▽^*)

 

↓ ロビーに置いてありました。王子も昔から大好きな絵本の1つです。

 

他の工場見学記事はこちら★ 

www.denshaouji.link 

www.denshaouji.link 

www.denshaouji.link