長所と短所は紙一重! 子どもの良いところを10個挙げて、その力がさらに伸びるよう家庭でサポートしよう

f:id:denshaouji:20190417115508j:plain

私自身は「女の子はこうあるべき」「~しなさい」「~してはダメ」など

「個性を伸ばす」現代の育児法とは真逆の環境で(笑)

「皆と同じが一番!」という、極めて保守的な母親のもとで育ちましたが、

それが苦痛でなりませんでした(*´Д`)

 

そんな私が母となり、いろんな育児本を読む中で、

「子どもの短所を直すのではなく、

 子どもの長所を見つけ伸ばしていく意見に賛同しています。

子供の個性を伸ばしてあげることの重要性

今、自分が母親となって思うのは、

子供の個性を伸ばしてあげることの重要性です。

 

せっかく持って生まれた良い素質を上手に伸ばしてあげることで

子どもの自己肯定感を高め、なんでも前向きな態度で取り組むことができ、

困難なことに出会っても、乗り越えていける力が育まれるのだと思います。

 

自分に自信がある子は何にでも意欲的で、

自分自身の長所も短所も含めて、自分を好きになることができます。

 

日本人は自己肯定感が低い民族なので、

我が子にはぜひ自分を好きになってもらいたいです(●^o^●)

 

子供の長所を10個挙げよう!

そのためにはまず、子どもの良いところを親子の共通認識として認めること。

 

4歳当時の王子にも「スキスキ大作戦」で20個挙げたのですが、

www.denshaouji.link

5歳5か月現在で10個挙げるとすると

 

1、 集中力がある

2、 物事を深堀する探求心がある

3、 観察力がある

4、 声が大きい(← 声の小さい私には羨ましい)

5、 明るい、ユーモアがある

6、 創作意欲が高い

7、 切り替えが早い、引きずらない

8、 環境順応力がある

9、 人に優しい

10、元気で健康!病気はほとんどしない

 

細かいところはまだありますが、主にこんな感じです。

 

長所と短所は紙一重

また、王子には「すぐふざける」という短所もあります(苦笑)。

この性格が男子一般同レベルなのか、年齢的なものなのか、まだ未知ですが、

これを長所に例えるなら「明るい、ユーモアがある」といったところでしょうか。

 

ということで、「諦めが早い」という短所も、

「切り替えが早い、引きずらない」という長所と紙一重なのですよね。

 

同じ性質も「短所」としてネガティブに捉えるのではなく、

「長所」として導いていくという、親側の発想の転換も必要かもしれません(^^)

 

子供の長所を伸ばすサポート<我が家の場合>

次に、10個挙げた長所をどのように伸ばしてサポートしていくか、ですが

我が家は以下のようにしています。

 

1、集中力がある        → 集中を邪魔しない。音も消して無の時間を作る

2、物事を深堀する探求心がある →  すぐに調べる、次の展開に繋げる環境づくり

www.denshaouji.link

 

3、観察力がある →  細部までの発見を更に促す。会話や創作でアウトプット

www.denshaouji.link

 

4、声が大きい   → 肺活量があるので、吹奏楽器をやらせてもよいかも? 

www.denshaouji.link

 

5、明るい、ユーモアがある → ダジャレ合戦や面白い絵本でさらに笑いの渦へ! 

www.denshaouji.link

 

6、創作意欲が高い     → 創作環境を整える。創作イベントに繰り出す。 

www.denshaouji.link 

www.denshaouji.link

  

7、切り替えが早い、引きずらない →  嫌なことも楽しむ発想の転換を植え付ける

www.denshaouji.link

   

8、環境順応力がある →  積極的なお出かけや「旅育」で初めての場に連れ出す。

www.denshaouji.link 

www.denshaouji.link

  

9、人に優しい → 「優しさ+強さ」を兼ね備えた男になるべく実践中(笑) 

www.denshaouji.link

 

10、元気で健康!病気もほとんどしない  → 外遊びを積極的に、規則正しい生活

いかがでしょうか?

短所は長所に置き換えられること、

家庭でさらに長所を伸ばす工夫などまとめてみました。

 

長いGW休暇に、子供の長所を10個、一緒に考えてみてはいかがでしょうか?(*^▽^*)