電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年中)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

子供用ペダルなし自転車は、ストライダーに軍配!へんしんバイクSが失敗だった話

最近は、早く自転車に慣れるように、

幼児のうちに「子供用ペダルなし自転車」に乗らせるご家庭も多いですよね。

ランニングバイク、キッズバイク、バランスバイクとも言うのでしょうか。

f:id:denshaouji:20181001145122j:plain

 

我が家も男児だし、早く自転車に乗れたら良いな、という期待を込めて

2歳の誕生日に「へんしんバイクS」を購入しました。

 

f:id:denshaouji:20181001140224p:plain

2歳からの子供用自転車 -「へんしんバイクS」公式 - 目指せ3歳で自転車デビュー

 

購入の決め手はズバリ!

ママ友の姉妹が2人揃って「へんしんバイク」で、

3歳からペダル付き自転車に乗れた・・・という成功談を聞いたからww

 

でも、残念ながら我が家には失敗でした(涙)。

今回は体験談をもとに、「ストライダー」をオススメする理由を述べてみます。

スポンサーリンク

 

残念その1:自転車が重すぎる

 「へんしんバイクS」はペダルなしで5kgペダルをつけて6.8kg

幼児が扱うにしてはかなり重いです。

特に慣れないうちは親が公園まで運びますが、大人が運ぶのも重い!

 

たいしてストライダー」はたったの3kg!この差は非常に大きいです。

ママが持ち運んでも軽々で、子供も自転車と一体化して身のこなしが軽いです。

 

「へんしんバイクS」は重すぎて、2歳ちょうどでは扱いきれず、

購入後しばらくはベランダで埃をかぶっており、

王子が足で地面を蹴ってうまく乗れるようになったのは2歳5か月でした。

  

また、王子は練習するもすぐに疲れてしまい、

たびたび、自分の重すぎる「へんしんバイクS」を放り投げて、

お友達の軽い「ストライダー」で遊ばせてもらっていました(苦笑)。 

 

残念その2:ブレーキは不要

 「へんしんバイクS」にはブレーキがあるので、その分重くなるのだと思いますが

自転車慣れするのが目的の幼児には、ブレーキは不要です。

なぜなら握力がないから

 

ブレーキをしっかり握る握力が未発達なので、そもそも使えないし、

ブレーキをかけられるくらい達者にこげる頃には、サイズアウトしてしまいます。

 

残念その3:ペダル付けは有料!

また、ペダル付けは自分でやれば無料ですが、素人にはかなり難しいし、

安全第一の自転車に万が一があったら困るので、自転車屋さんで付けてもらいました。

 

一応、「へんしんバイク」取扱い店舗に依頼しましたが、

取り付け料金は約2000円ほど。

取扱い店舗以外だと3000円以上かかるようです。

無料サービスがあったら嬉しいのですが、普通に料金がかかるのは残念ですね。

  

残念その4:そうこうしているうちにサイズアウト

 結局、王子は4歳で無理やりペダルをつけるも、やはりバランスが取れず、

「わずか30分で自転車デビュー」がキャッチコピーの「へんしんバイク」ですが、

謳い文句通りにいかず、再びベランダで埃をかぶったまま。

 

ようやく重い自転車を乗りこなせる力もついてきた4歳半頃(身長105cm)には

サドルをMAXで高くしても自転車が小さくなり、こぎにくそうで使えず、

最終的には見切りをつけて、リサイクルショップに売りました。チーン(;´д`)

 

結論:王道の「ストライダー」に勝るものなし!

以上を考えて、「全世界200万台突破」の「ストライダー」に軍配です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【全世界200万台突破!】STRIDER :スポーツモデル《レッド》ストライダー...
価格:14580円(税込、送料無料) (2018/10/1時点)

楽天で購入

◆圧倒的に軽い!(3kg)

◆安全なシンプル設計

◆360度回転する安全ハンドル

◆耐久性が高くて丈夫!

 

ブレーキもないし、ペダル付けも不要だし、

今、思うと我が家が失敗だった点が、全部クリアされていますね(笑)。

がんがん乗り回すなら、断然「ストライダー」です。

軽くてたくさん乗り回せるので、自転車慣れのスピードが断然違います。

 

ちなみに、「へんしんバイクS」はネット限定購入品なので、

実物を確認できなかったことも敗因です。

もし、周囲で使っているお友達がいたら、試乗させてもらうことをオススメします。

(私は口コミのみで、試乗させて貰わなかったので)

 

でも、「へんしんバイクS」でもママ友の姉妹のように乗れている子はいるので、

相性の問題かもしれません。よ~く考えて、有用な自転車をご購入くださいね☆