ホーム

「進研ゼミ小学講座」先取り受講!小学1年生が「チャレンジ2年生」7月号をやってみた感想

f:id:denshaouji:20200705145823j:plain

1学年先取り受講をしている、6歳小1の王子。

チャレンジ小学2年生「7月号」が6月下旬に届きました。

 

学校が再開して、宿題(音読・ひらがな・計算プリント)も毎日出るようになり、

家庭学習時間がステイホーム中の頃より大幅に短縮していますが、

毎日4~8ページほどコツコツと続けました。

7月号付録「時刻と時間たんていブック」 

f:id:denshaouji:20200707122221j:plain

カンガエルのネクタイ探しをテーマに、

時刻と時間を推理しながら問題を解決していきます。

 

見開きに、長針と短針を自由に動かせる時計がついているので、

実際に動かしながら理解していくこともできます。

 

チャレンジ2ねんせい7月号(国語・算数)

さんすう

「水のかさ(L、dl、ml)」、「時刻と時間の違い」がテーマです。

f:id:denshaouji:20200707122624j:plain

2年生算数の肝は、掛け算よりも単位換算だと思っています。

水筒「8dl」なんて言わないですよね~。

800mlで覚えればよいと思うのですが・・・これはもう丸暗記しかないです;

 

小1王子はまだ、やかんや水筒などの標準単位があまりわかっていないようなので

あらためて容器ごとに教えてあげようと思いました。

 

こくご

今月は、文づくり、様子をあらわす言葉、質問・発表の仕方の練習など。

f:id:denshaouji:20200707123353j:plain

「どんなお話か?」をまとめるとき、

普通は「主人公が~した」と考えるのに

王子の回答は「みんなが(主人公に)~してあげた話」としていて、

間違いではないけど、この違いをどう伝えればよいのか悩みます(苦笑)。

f:id:denshaouji:20200707123531j:plain

 

実力アップドリル2ねんせい7月号(国語・算数)

応用コースです。チャレンジが終わった後に取り組みました。

さんすう

相変わらず字が汚くてすみません;

右ページの「何番目のとき、合計何人?」という文章題が苦手なようで、

答えはあっているけど式がめちゃくちゃだったり、

王子は「図で書いて考える」ことをせず、計算だけで解こうとするので間違うのです。

f:id:denshaouji:20200707123929j:plain

こういうところを面倒くさがるのが、男児っぽいですよね(苦笑)。

こくご

漢字を使った文章作り。王子が作る文章をいつも楽しみにしていますw

f:id:denshaouji:20200707124341j:plain

「コラショ、見てー。黄色の花の絵をかいているんだ」

「よーし、かくぞー!」

「見て、黄色の花の絵ができた!」

 

なぜ、ひまわりじゃなくて、遠回しな表現をするのだろうと思っていたら、

「この漢字を使わなきゃいけないからだよ~」だって。

問題をよく読んでいなくてすみません(笑)。 

 

わくわくサイエンスブック

今月は子供が大好き「きらきら」特集! きらきら光る生き物の秘密にせまったり、

f:id:denshaouji:20200707124750j:plain

 

「サイエンスマジック」では、

ペットボトルの形状を生かして実験した『大きな目』を楽しんでみたり、

f:id:denshaouji:20200707124851j:plain

 

「コラショの図工室」は、とびだすメッセージカード作り。

来週のパパの誕生日にお祝いカードを作らせてみたのですが、

なぜか雨模様の「入学式」ならぬ「人学式」(←わざと)・・・苦笑。

f:id:denshaouji:20200708094049j:plain

なんともふざけた図柄ですが、「祝」の気持ちは伝わるかな??(笑)