【インフルエンザ対策】来年こそインフルエンザに勝つ!!取り入れたい6つの予防法(生活習慣・食べ物)

昨年に引き続き、

今年もインフルにかかってしまった王子(昨年はB型、今年はA型)と

風邪をひいてしまった私; 

www.denshaouji.link

ワクチン予防接種は「重症化を防ぐ」という意味で有効であり、

「かからない」ということではないらしいので、希望にはそぐわないし、

 

ならば、最近ここかしこで報道されている【インフルエンザ対策】について、

我が家的に取り入れてみたいなというものを備忘録として綴ります。

f:id:denshaouji:20190122103008p:plain

スポンサーリンク

【生活】歯磨きで口腔内を清潔に

まず、大注目はコレ!

うがい手洗いよりも効果があるそうで、

1日5回の歯磨きが良いとされています。

さすがに5回は難しそうだけど、

「3回歯磨き+気づいたらこまめにうがい」の合わせ技でチャレンジしてみたいです。

 

【生活】湿度に気を付ける

密閉性の高いマンションの我が家。

 

どちらかといえば年間を通して湿気対策のほうが大変なのですが、

それでも年末年始当たりから、乾燥が気になり始めて、

起きたときは喉が痛いこともありました。

 

これからは寝るときにマスク着用したり、

濡れタオルを1枚寝室に干しておいたり、

加湿器に頼らない乾燥対策を強化したいです。

 

【生活】保育園送迎時は特にマスクを着用

予防の意味でマスクを着用することは滅多になかったのですが

保育園はとにかくウイルスの宝庫!(涙)

 

幼児(特に男児)は

「予防のためにマスクを着用」することを嫌がりがちで

王子にもマスクを強要することはできませんが、

 

親もかかってしまって共倒れ防止の意味でも、

せめて親はマスクを着用したいです。

 

【衣服】3つの首からの冷えを防ぐ

寒いなと思った時にはストーブをつけたり、

羽織りものやひざ掛けで調節していましたが、

「首・手首・足首」の3つの首から入ってくる冷気を防ぎきれていませんでした。

 

よって睡眠時でも

ネックウォーマーや襟付きのパジャマを着用したり、

今は元気だからと過信して裸足で過ごさず、

レッグウォーマー+靴下で足首も温めようと思います。

スポンサーリンク
 

【食】お茶をこまめに飲む

口腔内の乾燥を防ぐという意味で、こまめな水分補給が良いそう。

医者も受験生も緑茶のペットボトルを片隅に置いて、

ちょこちょこと飲む工夫をしているそうです。

 

お茶は好きなので普段からこまめに飲んでいますが

冬のお出かけは、夏に比べて汗をかかないので水筒持参率低めでした。

 

王子の「のどが渇いた~」に応えられるよう、

外出先では最低限の水分補給しかしていなかったので

やはり冬もしっかり水筒持参していこうと思います。

 

【食】肉を食べる(たんぱく質摂取)

 風邪をひきやすい私と王子に比べて、

旦那さんは出会いから16年間、ほぼ寝込んだことがありません(驚)!

 

旦那さんいわく「肉をしっかり食べているからだよ」。

 

たんぱく質摂取は目下の命題で、

もちろん、私もお肉は好きだけど、普段の食生活では大豆製品が主となっており、

王子もお肉は唐揚げくらいで、卵と乳製品が主になっています。

 

そんなヘルシー系の夕食を用意していても、

旦那さんは酒のつまみ用として、

会社帰りに、肉や刺身などをよく買ってきて食べています。

ただ単に好きなだけですが、結果として体には良かったのかも?!

 

確かに、高齢でもお肉をしっかり食べている人って元気ですよね。

やっぱり我々には肉が足りないのか…と、肉星人になることを誓います!(笑)