電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年中)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

【共働き夫婦の家計管理】生活費の分担はどうしていますか? 我が家はこれでガッチリ!

結婚したら誰もが悩む「家計管理」

 

家事の分担を決めるのも大事だけど、

共働き夫婦にとって、生活費の分担決めはさらに頭を悩ませますよね (*´Д`)

www.denshaouji.link

今回は、節約特集で雑誌「ESS◯」にも出演したことがある、

節約大好きな私(笑)が実践している、我が家のルールをご紹介します。

スポンサーリンク

固定費は夫、流動費は妻

我が家は低収入夫婦なので、夫のみの稼ぎで全てを廻すことはできません(笑)。

よって分担を決めるわけですが、結婚当初からこのようにしています。

 

<夫>

・固定費(家賃、公共料金、NHK受信料、保育園代)

・子供習い事(こどもちゃれんじ

・自分の携帯代、保険料

・先取り貯蓄(3万円)

・残りは自由に(株などもここから)

 

<妻>

・流動費(家族のレジャー費、旅行・帰省代、食費、医療費、生活必需品など)

・子供被服費、習い事(スイミングスクール

www.denshaouji.link

・自分の携帯代、保険料

www.denshaouji.link

・残りは自由に(ほぼ9割は貯金)

 

収入に差がなくとも、夫の稼ぎを主軸とすることで、

世帯主としての威厳も保てますし、その分、妻がガッチリ貯蓄に廻せます。

 

この方式だと、夫個人の貯蓄は、

先取り貯蓄の3万円以外はほとんどできないと思われますが(苦笑)、

時折、「その分、ちゃんと溜まっているから安心して」と貯蓄額を教えたり、

旅行に連れて行って慰労しています ( *´艸`)

 

「別財布は貯まらない」はウソ!

我が家は共通口座を作っていません。

それぞれの口座から引き落とししていて、相手の管理は相手に任せています。

 

家計簿もそれぞれつけていますが、お互い中身は知りません。

 

共通口座を作って、お互いの貯蓄額を「見える化」したほうが貯まる!と

世の中で囁かれていますが、

 

共通口座を作ると、それ以外は自由とばかり、うっかり使い込んでしまったり、

安心感から、それ以上に貯蓄への努力を怠ってしまう危険もある気がします。

 

家計分担も家事分担と同じで、基本は「担当を決めたら全て任せる」です。

 

お互いの貯蓄額が「見えない」からこそ、自己防衛能力が高まる

いうものです(笑)。

f:id:denshaouji:20181116102422p:plain

 

夫の自由分を少なくすることが家計円満のカギ

鬼嫁でしょうか(笑)?!

 

でも、男性の場合、やれ飲みやら付き合いやら、携帯やら電化製品やらww、

誘惑に弱くて、ついつい使っちゃったりすること多いですよね。

 

一方、女性は節約好きな人が多いし、酒飲みな友達でなければ、

リーズナブルなランチでお喋りできれば満足できますよね(笑)。

 

それに、夫の好物は「酒と肉」で、

私の好物は「パンとスイーツ」なので

好きなものの価格帯が絶対的に違うのも、理由です。

 

よって、夫の自由分が少なければ、無駄遣い(笑)も減らせるので、

夫を家計分担の主軸としてメンツを立てながらも、

自分は節約大好きで苦にならないので、全面的に貯蓄が増やせるし、

一石二鳥なんです (*^^)v

f:id:denshaouji:20181116102138p:plain f:id:denshaouji:20181116102626p:plain

家事分担と同じく、生活費分担も妻が賢く誘導して、ガッチリです!!(^^)!笑