電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年中)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

義実家への年末年始の帰省を避ける3つの理由 ~ 初めての正月帰省でビックリした嫁の話

大晦日になりました。

地方に実家がある方は、一家そろっての帰省大変ですよね。

 

私の実家は近いので、若い頃は地方に帰る友人が羨ましかったけど

今となっては夫婦ともに実家が日帰りで行ける範囲のほうが良いです。 

f:id:denshaouji:20181227113904j:plain

結婚して最初の数年はきちんと年末年始に帰省していましたが、

今は時期を避けて、お正月は自宅と私の実家で過ごしています。

今回はその理由と初めての帰省での思い出をつづります。

スポンサーリンク

理由1:帰省ラッシュと帰省費用が高い

これは言わずもがなですね。

積極的に「帰省したい」(want)人は気にも留めないかもしれないですが、

「帰省しなければならない」(must) 人にとって、これほど苦痛なことはないです;

 

我が家も最初は、新幹線往復を取って、実家に泊まっていました。

交通費だけなら良いかな・・・と思っていましたが、

義実家への滞在はかなり気を遣うし、

せっかく来たのだからと最低2泊はしなければならない。。。

 

そこでオススメなのが、旅行会社の新幹線パッケージパックを利用すること!

往復新幹線+最初の1泊だけついて、あとはフリー。帰る日も自由でいいよ、

というパッケージがあるので、それを早割などで予約しておくと

普通に新幹線往復だけ取るよりも安いし、

ホテルがついているので1泊はリフレッシュできるというおまけつきw

 

どうしても年末に帰省しなければならず、早くから予定が組める場合は

旅行会社のホテル付パッケージ商品をぜひ使ってみてください☆

 

我が家はよく日本旅行を使っています。

【日本旅行】 往復のJRと宿泊がセットになって、こんなにお得!!

理由2:地方は寒い!

ひ弱な意見ですが、都内のマンション暮らしに慣れてしまうと、

地方の一軒家の寒さはこたえます(苦笑)。

 

義実家は西日本なのですが、自然あふれた環境なので寒いです。

さらに昔ながらの木造一軒家なので寒いです。

家の中でも吐く息が真っ白なほど!なんです。

 

義実家の皆さんはその環境に慣れているのでどうってことないのですが

一応都会育ちの私には辛すぎて、「真冬の帰省はすまい」と心に誓いましたw

 

理由3:初詣と墓参りがツライ

義実家の行きつけ神社は、ものすごい急階段でかなりの段数があるため

他の参拝客も途中で休憩するほど疲れます。

 

70代前後の義父母は何も言わずガンガン昇っていくので、

若輩者の自分がドロップアウトするわけもいかず、

毎年そこにお参りに行くかと思うと、本当にブルーです。。。

 

また、ご先祖様のお墓も、とんでもない山の頂上にあるんですよね。。。

お墓参りは季節に関わらず、帰省の時にはいくので仕方ないですが

初詣だけは勘弁してほしいと思います(>_≪)

スポンサーリンク


結婚して初めての帰省でビックリ

前述の「半端ない寒さ」と「恒例行事の初詣と墓参りの大変さ」はもちろんですが

さらに驚いたのは、おせちを作る役目が私(嫁)だったこと!!

 

驚愕ですよね・・・いや、恐怖です(笑)。

 

嫁とはいえ、わざわざ遠くから来るのだから、ちょっぴりお客さん気分で、

おせちはすでに用意されているものと思っていたんですよね。

(ちなみに私の母はすべて一人で用意してくれています)

 

西日本のおせちはどんなんだろう?って半ば楽しみにしていたのに

義実家に到着してみたら、台所に材料だけ用意されていて

「さぁ、作りましょう」と言われて、びっくり!!(´゚д゚`)

 

義母様としては「お嫁さんと一緒におせちを作るのが夢だった」らしいのですが

実際は、材料を切るのも味付けも全部わたし(怖)。

義母様は、お皿を出したり、片づけたり、完全にサポート役。

 

私としても、母が料理上手なので、おせちを一から作ったこともないし、

なんとか思い出しながら、頑張って作りました。。。

 

翌年からはそんな私の苦しみが伝わったのか、

「知り合いに頼まれて買ったおせち」が並び、ホッとしましたが(笑)。

 

帰省は日帰りがちょうどよい

そんな恐怖の帰省を体験した私からすると、

兄のお嫁さん(義姉)はとても恵まれているように思えます。

 

料理上手の母なので、帰省時にはご馳走をいっぱい作ってもてなしてくれるし、

近いので義実家に宿泊しなくても良いし、

信心深くないので、家族揃っての初詣や墓参りなど堅苦しい恒例行事は一切なし。

 

お手伝いもすることなく、ただただご馳走を食べて、喋って、さらっと帰るだけ。 

これほど気楽な帰省はないのではないかとww

 

そんなわけで、お正月は私も自分の実家でゆっくりしてきます( *´艸`)

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。