【10月グアムの天気・気候・服装】10月旅行がおススメの理由を、10月に4回行った筆者が徹底分析!

f:id:denshaouji:20191030202551j:plain

10月20日~10月26日の6泊7日で、グアム子連れ旅行に行ってきました!

(王子ママ自身のグアム旅行は5回目、子連れグアムは3回目になります)

 

ほぼ昨年と同じ行程ですが、

2019年最新情報を踏まえてご参考になれば幸いです(*^-^*) 

www.denshaouji.link

 

まずは気になる「10月のグアム」についてご紹介します。

天気・気候

天気予報は毎日雨?!

出発前にグアムの天気予報をチェックすると、

毎日雨マークがついていることもあり、がっくりすることもありますが、

実はこれ、1日のうちに必ず「スコール」が降るからなんです! 

 

例えば、10月末~11月だとこんな感じ・・・

f:id:denshaouji:20191030101255p:plain

 

でも、スコールはシャワーみたいなもので、長く降り続くことは少なく、

早ければ10分程度で収まるし、

そのあとはカラリと晴天になり、虹が見れることもあるんですよ^^

 

天気予報では、毎日「スコール」があるゆえに、雨マークとなっていますが

実際のグアムは、

1日のなかで【雨(スコール)・曇り・晴れ】と天気が目まぐるしく変わるので、

予報はあまり気にしなくて大丈夫です(*^-^*)


行くなら10月後半が◎

我が家は3年連続+過去にも1回=計4回、10月にグアム旅行へ行っています。

 

10月は雨季と乾季の境目で、気候は不安定といわれますが、

実際、10月前半に行ったときは雨が降りっぱなしでした。;

 

台風も多く、

実際、一昨年はグアムに着陸出来なかったという苦い経験もしているので

この時期に行くのは割と「賭け」なのですが、 

www.denshaouji.link

 

10月後半であればあるほど気候も落ち着いて晴天の日が多いので

10月にグアムに行くなら、後半がおススメです!

 

今回もスコールは早朝に降ることが多く、

海で遊ぶ時間帯には晴天に恵まれ、レジャーを満喫できました!

 

服装

10月後半といえば、日本も秋らしく涼しくなってくる頃ですが、

近年は異常気象で?!10月でも半袖で過ごせる日があったりしますよね。

 

そのため、東京からグアムに行くときは、それほど服装の差がなくて助かります。

(実際、王子は日本に帰ってきた夜でも半袖のままでした)

 

ということで、王子ママの出発日ファッションは、

半袖+薄手パーカー(ユニクロの夏用UVカット)、

薄手ボトム(ユニクロのリラコ)+靴下+スニーカーという服装でした。

 

念のため、日本の出発/帰国日が寒かったときように、

重ね着できる、ヒートテックの長袖インナーとスパッツを持参しましたが

結局どちらも使いませんでした。

 

ヒートテックは薄いのでかさばらないうえに、1枚でも温かいので

お守り代わりに持参しておくと安心です。

 

10月旅行がおススメの理由

10月は旅費が安い

前述したように、

10月は雨季と乾季の境目で、連休も除けば旅費が安いです。

 

また、夏休みと冬休みのハザマで、授業や行事もあり、

学生がほとんどいないので、混雑も緩和されます。

 

今回見かけたのも、未就学児連れのファミリーが圧倒的で、

三世代、老夫婦、OL二人組が多かったですね。

(代わりに韓国人がやたら多かったですがw)

 

やっぱり子連れ海外に行くなら、未就学児のうちなのですね^^ 

www.denshaouji.link

 

10月はハロウィンを楽しめる

10月といえばハロウィン!

 

日本のハロウィンは可愛くてファンシーな装飾が多いのですが

グアムはどこもかなり大人向けで、

ガイコツや魔女、大きな毒蜘蛛・・・のようなホラーチックな装飾なので、

王子はいつも「店に入りたくない」と怖がっています(笑)。

f:id:denshaouji:20191030202854j:plain

ショーケースも蜘蛛の巣の装飾でばっちり張りめぐされているので、

商品がよく見えなかったり、

営業してない?!と勘違いするほどオーバーです(笑)。

 

それでも異文化の行事を肌で感じるのは、子供にとっても良い経験ですよね。

 

来年からは王子が小学生になるので、

「3月の春休みに行くとしたら、イースターかな?!」なんて話しています(笑)。

 

ということで、10月のグアム旅行、賢くお得に楽しんでくださいね~(*^▽^*)