電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年中)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

【東京/大田区】「萩中公園プール」の夏はビッグスケール!子連れ完全攻略法

夏の終わりですが「萩中公園プール」に行ってきました。

 f:id:denshaouji:20180903093323j:plain f:id:denshaouji:20180903093428j:plain

屋外プールも利用可能な夏季営業は9/2(日)迄でしたが、

夏季料金は、高校生以上360円、1歳以上中学生以下、0歳無料で、

3時間入れ替え制。(午前、午後。夜間は中学生以上)

 

親子でたっぷり3時間遊んでも、たった460円! コスパ抜群です! 

スポンサーリンク

 

 

アクセス

京浜急行空港線「大鳥居」駅西口より徒歩7分。

プール専用駐車場はなく、隣接の萩中公園内に駐車場(30分100円)

がありますが収容44台で、夏の週末は朝から満車のため、公共交通機関

での来場をオススメします。

 

プール入場前

真夏の週末は「芋洗い」状態です!

混雑過ぎると入場制限もかかるので、開場30分前には並んでおきましょう。

外の窓口でチケットを購入し、中へ。

 

入り口付近に準備されたビニール袋に履物を入れて、ロッカー室へ。

無料ロッカーはとても広いのですが、お薦めは入ってすぐの一番ハジ!

中央付近に入ると、帰りの着替えラッシュの時に出入りがとても大変です。

ハジのロッカーは出入りしやすいうえ、縦長で大きく、荷物もばっちり!

洗面台もすぐ隣なので、水着をささっと洗うことも出来て非常に便利です。

 

また、屋内プール入り口付近にはベンチが沢山あるので、

飲み物やお菓子、タオルなどビニールバッグに入れて持ち込んでおくと

休憩の時に便利ですよ。

 

プール概要

  f:id:denshaouji:20180903094659j:plain

夏季は屋外含め、とても広いです!

未就学児は屋内「流れるプール」、屋外「幼児プール」「渚プール」、

「幼児用滑り台4つ」(屋外幼児プール隣接)がメインです。

 

水鉄砲などは不可ですが、浮き輪は持ち込みOK。

屋内「幼児プール」付近の壁際に、空気入れチューブ1~2本がありますが

真夏の混雑時は空気入れの大行列が出来るので、真っ先に行きましょう。

 

25メートル、50メートルプール、ウォータースライダーは小学生以上。

屋内外ともかなり迫力があるので、大人でも楽しめますよ。

 

また、1時間に1回、10分前後の休憩時間があります。

その間は全員プールから上がって、飲んだり食べたり、トイレに行ったり、

サウナのような採暖室で体を温めることもできます。

 

特に子供は、ついつい夢中になってはしゃぎ過ぎちゃうので、

休憩時間がしっかり設けられていると、トイレなどに行かせやすくて良いです。

 

幼児と一緒!おすすめモデルコース

午前の部(9:30~12:30)でプール遊び。

隣接の萩中公園内で持参弁当(こども休憩施設も自由に使えます)

または、 ガスト本羽田店でランチ。

隣接の萩中公園で遊ぶ。

ガラクタ公園内に展示されているSLや都電荒川線など、電車王子も満足ww

 

午後の部を利用される場合は、逆回りで。

1日たっぷり親子で遊びつくしましょう~!