電車王子の賢い育て方☆彡

平成25年生まれの電車大好きな一人息子(年中)と40代ワーキングママの日記。賢く知的好奇心を刺激する生活を実践中!

【徳島・鳴門】JAL「どこかにマイル」往復6000マイルで目的地決定!2泊3日の夏旅

JAL特典航空券で開催中の企画「どこかにマイル」。
 
6000マイル(国内航空券通常マイルの半分以下!)で
日本国内どこかに往復できるけど、行先は実質選べない運任せの旅です(笑)。
 
予約の際に、4つの行き先候補地が出て来るのですが
検索するたびに候補地が変わるので、
良さそうなラインナップの時に申し込みます。
 
そして、申し込み後3日以内に、
その4つのうちからJAL側で行き先が決定されます。
 
今回、日付と朝出発で検索すると、
「帯広・秋田・徳島・北九州」が出てきました。
 
徳島は何も思い浮かばなかったので(笑)、
「4/3の確率で、他の地域ならいいよね」と申し込んだところ、
まさかというか、やっぱりというか、案の定、徳島に決定しました(笑)。
 
四国るるぶも徳島だけ極端にページ少ないし、
情報があまりないなかで、いつもよりヤル気は出ませんでしたが
結果的に新たな発見の連続で、楽しい2泊3日旅になりました。
スポンサーリンク

 

1日目

 羽田空港に6時頃到着して、

 「パワーアップラウンジ」で、クロワッサンを食べて軽く朝食。
 
7:05出発、1時間で徳島へ。空港からはバスで市内へ。
駅前~市内をぶらっと散歩。とにかく暑い 
 
ランチは徳島ラーメン人気店の「いのたに」へ。 

 入店したすぐ後に行列になったので早めに行って良かったです。

 徳島ラーメン、濃厚でめっちゃ好みでした。

イメージ 1

  
徳島駅へ戻り、「ゆうゆうアンパンマンカー」に乗車
 
イメージ 3

20席限定!と狭き枠を、主人が頑張って往路だけ確保してくれました。

 

以前乗車したアンパンマントロッコよりも規模が小さいけど、

キッズスペースが確保されているので、

このスペースでひたすら走り回る王子を立ち見する40分間でした。

座席代を支払ったのに、全く座れませんでした(笑)。 

  
穴吹駅で下車して、日本が誇る清流という「穴吹川」で初めての川遊び。
 地元ファミリーが大勢訪れていて、のどかでした。
 
イメージ 4
 
徳島駅へ電車で戻り、無料で乗船できる市内クルーズへ。
イメージ 5

 

保険料は払うのですが、ライフジャケットをきて、

モーターボートで市内一周を流れる川を疾走するという、

かなりダイナミックなアトラクションで、

かがまないと渡れない低い橋の下を何度もくぐったり、

ビュンビュン波しぶきが飛んできて、最高にスリリングで楽しかったです!

 
今宵の宿は、眉山にある「かんぽの宿」。

 かなり険しい山頂にあるので、とても眺望がよく、

 お部屋も二間続きの和室で、露天風呂も祖谷温泉のお湯だし、

 夕食のお膳もボリューム満点!

 

 朝食ブッフェもメニュー豊富で、

 夏休み企画でドラえもんスタンプラリーをしていて、お菓子ももらったし、

 子連れにはかなり大満足でした。また泊まりたいです。

   

2日目

 10時チェックアウトして、駅前に戻り、レンタカーを借りて、鳴門へ。

 海中観測船に乗って、渦潮の下から上から、間近でたっぷり堪能しました。
ちょっと船酔いしそうになりましたが、迫力満点!見る価値大です。 
イメージ 7
 
「渦の道」で、渦潮散歩を更に楽しみ、
  15時ごろ今宵の宿「エクシブ鳴門」の「ザ・ロッジ」へ。
 
イメージ 9 イメージ 10
 
本館は会員制の高級感あふれるホテルなのですが、

一般客はロッジのみ宿泊できて、お風呂やプール、食事などには

広大な敷地内をバスで移動するという、一大リゾート施設でした。

 

屋外プールを少し楽しみ、昼寝をしたら、18:45~ディナーブッフェ♪

とても豪華で、マグロは一匹その場でさばき、ステーキも

天ぷらもラーメンも種類豊富で、幸せなひとときでした。

飲み放題も1000円だったので、旦那さんも大満足ww

 

食後はロビーで縁日をしていて、

巨大エアー滑り台はホテル価格で10分500円でしたが、

目玉イベントなので、王子も挑戦! なかなか盛況でした。

イメージ 11
 

3日目

 朝食は本館でコンチネンタル。

パン3種、ゆで卵、サラダ、ジュース、紅茶をラウンジソファで。

 朝から優雅な気分で、パンも美味しかったです。 

イメージ 12
 
食後はそのまま本館のプールへ。
 海につながるように見えるインフィニティプールで、

 体感気温36度?くらいの朝から猛暑だったので、朝から大賑わい。

イメージ 13
 
11時頃チェックアウトして、あすたむらんどへ。

 科学館やプラネタリウムなどもある広大な施設ですが、

 じゃぶじゃぶ池や遊具など無料施設も大きくて、たっぷり遊べます。

 

 ただ、炎天下だったので、水遊びさせる以外はもう干からびてしまいそうで、

 広大な敷地を歩いて移動するのもつらかったです。

イメージ 14
 
地元スーパー「キョーエイ」、
 徳島で有名な「ハレルヤスイーツ」でショッピングして、
 17時30分徳島発のJALで帰京しました。
 

3日間とも晴天&猛暑で、洋服も塩が吹くほどで、
3人すっかり真っ黒になりました!
徳島県は10年ほど前に大歩危・小歩危の山側に行ったことがありますが、
今回は海側を楽しんだため、南国リゾート地の印象でした。
 
機会がなければ行かなかった場所なので、ミステリーも良いものですね♪