男児ママ必読!4歳息子が初めて泣いた絵本「ママがおばけになっちゃった」切ないけど愛が溢れています

今更ながら、初めて

ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本) を読みました。

賛否両論あるようですが、結論から言うと、私はこの絵本にやられました

切なくも愛情あふれる<内容>

4歳男児一人っ子のかんたろうくんを残して突然逝ってしまったママ。

悔やみきれず、おばけになって、かんたろうくんへ夜な夜な会いに

おばけになって現れる。

ママは、これから生きていくかんたろうを励ましながら、じっくりと話をしつつ、

精いっぱいの愛と忠告を伝える。

 

ママと息子の<読後感想>

我が王子もちょうど4歳なので、王子もこんなこと言うだろうな、

私もこんなこと伝えたいだろうな、と自己投影して、涙があふれて

読み聞かせなのに最後まで上手に読んであげられることができませんでした。

 

ふと、隣の王子を見ると・・・じわっと目に涙を浮かべてる!!!

 

「◯◯もママがいなくなったら悲しい。悲しくて泣いちゃった」と。。。

2人で抱き締めあって、「ずっとそばにいるからね」と誓い合いました。

 

絵本のセリフもさることながら、かんたろうくんの部屋には

ママの似顔絵や、「ママにあいたい」という手紙など、

募る想いが詰まったかんたろうくんの作品が沢山あるんです。

 

絶対王子も同じことをするだろうな…と、これがまた泣けました。 

www.denshaouji.link

  

母親の死、子供との別れをユーモラスに描いているのが私にとっては救いで、

自分だったらこうしたいな、と前向きにとらえれる本です。

この本を読む際は、ぜひ細部まで見てみて下さいね。

「ママおばけシリーズ」2作目以降は? 

2作目はお葬式編ですが、

これはリアリティがありすぎて、感情移入できませんでした(苦笑)。

3作目の最終回は、好きすぎてママと結婚?!ってタブーな話かと思ったら

将来のお嫁さんに対して、ママがメッセージを伝え、

かんたろうくんが自立していく素敵なお話でした。

最後のオチも良かったです。

 

このシリーズを読んで、生きているうちに王子をもっと大事にしよう、

自分も長生きをしよう、と深く思いました。

高齢ママなのでなおさら現実味がありました。 

www.denshaouji.link 

www.denshaouji.link

 

オススメ「電車の絵本」はこちらでご紹介しています★

www.denshaouji.link

 

月額1,000円(税別)で、毎月世界の絵本をご家庭にお届けします。